動画活用事例014:YouTubeのブログ利用

投稿日時:2011/04/22
こんばんは、元吉です。

ここ数年でmixi、twitter、facebookなど
誰もが情報発信できる時代になりました。

もちろんYouTubeも情報発信の媒体として、その利用者は多くいます。
そんな中にあって、YouTubeのちょっと面白い使い方として
ブログとして利用する人もいます。

今回紹介するのは、福岡に住むカナダ人女性のミカエラさんという人が
「日本語でブログ」と題して、多くの視聴数を集めているものです。
(下の動画以外にもチャンネル内では多くの動画ブログを公開しています。)



上の動画にもあったように、このミカエラさんの動画は
2010年のYouTubeビデオアワードに入賞したり、
ご自身はKBCのドォーモでも取り上げられるほどです。
ちなみにアワードに入賞した作品は46万アクセスを記録しています。

これほど多くのアクセスとアワード入賞を獲得した理由として考えられるのは

1.「白人」が「日本語」で喋るというダブルバインド
2.「写真と文字」が一般的なブログである常識に対し「動画」でブログというダブルバインド

この2つの相反するメッセージが、視聴者に強い印象を焼きつかせているのだと思います。

「書く」ブログではなく「撮る」ブログ
こういった使い方も面白いのではないでしょうか。

カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

動画活用事例(ホームページ編) トラックバック(0)

動画広告事例011:あるHPで見つけた動画の場合

投稿日時:2011/03/22
こんにちは。カウテレビジョンの篠原です。

今回の動画事例はHP上で見つけた動画事例です。
ある試供品をきっかけに、私が興味を引かれた商品についての動画です。

普段、女性はドラッグストアや店頭で香水や化粧品の試供品をもらいますよね。
つい先日、私もドラッグストアで買い物をした時にクレンジング(メイク落とし)の試供品をもらいました。

そして、そんな時はよくこんなことを思います。

「いつも使ってるものじゃないから自分の肌に合わなかったら使えないな・・・」
「もしかして、今使ってるものより、良ければ変えてみよっかな!」

ちょっと不安とちょっと期待。

HPで見つけた動画

HPを見ると、「ムービー」というバナーがあったのでクリックすると商品の説明動画がありました。
写真(1)メイク落としの「泡状態」と「液状態」を動画で比較。
20110322動画事例

写真(2)この動画には特にBGMとか説明ナレーションは入っていませんでしたが、
20110322動画事例_2

写真(3)約30秒ほどの動画だけでもひとりの消費者として興味をそそられました。
20110322動画事例_3


今回の私の場合はもともと液状のクレンジングを使っていたので、泡タイプもいいなーと興味を持ち、
すぐ試供品を試しました。もしかすると捨てていたか、誰かにあげていたかもしれない試供品も今回みたいなケースだと購入やリピーター度が上がるな~と思いました。


この動画活用から気づくこと

◎試供品と動画を連動させる

→ただ店頭や街頭で試供品を配布するだけではなく、HPの動画と連動して、商品の魅力を伝える。そうすることで、購入率やリピート率というのは変わってくるのではないかと思いました。

(福岡・東京・香港の動画制作カウテレビジョン/篠原万樹絵)

カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

動画活用事例(ホームページ編) トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2017年11月 >>

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

 

最近投稿された記事