FC2ブログ

ある悩みの解決に特化した弁護士とは

投稿日時:2010/09/17
こんにちは、元吉です。

昨日のお話。カウテレビジョンのオフィスに、東京からある方が遊びにきてくれました。その方とは青木龍一さん。現在東京の青山で「賃貸トラブル相談所」という、賃貸にまつわる諸問題を専門的に取り扱う弁護士として著名な方です。なんと東京のビッグサイトで200名を動員してのセミナー講師を務めたりもしたそうです。

※賃貸トラブル相談所HPはコチラ

高橋とパシャリ↓
CIMG6505.jpg

僕はこれまで「弁護士」と聞くと、法律に関係することなら何でも対応するものだと思っていたのですが、青木弁護士のように、賃貸トラブルに特化しているというのは、単純に驚きでした。

さてこの青木弁護士ですが、その創業期を、背後で支えてくれた人物がいると仰っていました。その人物とは、カウTVにも登場している、スターブランドの村尾隆介さんです。村尾隆介さんは小企業のブランディング専門家で、講演活動で全国を飛び回ったり、執筆活動もされています。CCレモンホールではなんと3000人を集めてのセミナーを行うほどの方です。そんな村尾隆介さんについて知りたい方は、セミナーを収録したDVDをご覧下さい(サンプルもあります)

そして今日は話が飛躍気味で申し訳ないのですが、セミナーつながりでもう1つご紹介。今月3日に行われた香港帰国報告セミナーのDVDが出来上がりました。出来立てのDVDをパシャリ↓
CIMG6510.jpg


カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

クルーの日常 トラックバック(0)

インターンの感想(TKさん/福岡工業大学3年)

投稿日時:2010/09/17

◇2010年8月度
  福岡工業大学3年 TKさん
※他のインターン生の感想はコチラ


はじめに、インターンシップを振り返って、一言でいうなら「充実」。とても一言では表せないが今は充実という言葉が最適のような気がする。15日間というと大相撲の一場所の期間と同じで、普段なら長く感じるはずだが、短く感じる15日間は大相撲とカウテレビジョンのインターンシップぐらいだと思う。インターンが日課になって、毎日7時10分の電車で通い、家に帰るのは9時とか10時とかだったが、少しもきついと感じた日は無かった。それは、インターンが楽しかったからでありカウテレビジョンのクルーやアルバイト、インターン生のすばらしい仲間がいたからだと思う。

ここで学んだことを以下にまとめようと思う。

■朝礼から

毎日の朝礼(火曜以外)から学ぶことが多かった。クレドを毎日読むことで毎日一つずつではあるが、考える時間ができた。ほとんどがメディア人としての指標だったが、社会人として仕事に対する条件としては全てが間違いなかった。特に、スピード=最高のサービス これを覚えたので今後の人生のモットーにしようと思う。
今日の感謝では、1日の出来事であった事や人に感謝することで、普段気にしていなかった事を振り返ることが出来たと同時に、毎日誰かに感謝しているんだと気付いた。

■カウテレビジョンのクルー、アルバイトの方から

情熱とユーモア。仕事に対する情熱、仕事以外でのユーモア。これが大事だと思った。
普段は雰囲気がよく明るい職場だが、仕事に入ると素晴らしい集中力をみせる皆さんに感動したし、プロだなと思った。切り替えの出来る人は仕事でもプライベートでも充実した日が送れると思うので、目標にして頑張りたい。シュンスケさん、マキエさん、野球や何気ないことで話しかけて頂き、ありがとうございました。

■仕事から

インターン期間中トツナナの企画、映像の編集を主にやった。トツナナの企画では集客を頑張った。このとき、大量行動の大切さを学んだ。考えるより行動。とにかく電話をかけることで思っていたよりも集まったので、友達にも感謝したい。
 
映像の編集では、映像にスーパーを付ける作業をした。キャプション、二行洗練、スーパー作成、スーパー貼り付けの流れはとても楽しく、専門的な知識も身に付けることができた。編集に関して、ケンジさん、カジさん、ありがとうございました。



■インターンシップ仲間から

インターン期間中、同じインターン生として6人と知り合うことが出来た。みんな同級生なのでこの出会いは今後の人生で大きな割合を占めると思う。みんな個性があって楽しい時間が過ごせた。タイピングや編集も教えあったり、競い合ったりできたので、常に向上心を持って仕事ができた。今後就活の時も情報を共有しながら出来たらいいと思う。

最後に、人生は運とタイミング。日本に生まれた事で運は使い果たしているが、その中でも、運よくカウテレビジョンにインターン出来たこと、タイミングよく5人いるときにインターン出来たことに感謝したい。
バイトはお金をもらって勉強し、大学はお金を払って勉強し、インターンはどんなものか分からなかったが、バイトよりも大学よりも勉強できた。授業料を払わずにこんな体験が出来て、感謝したい。インターン=プライスレスの方程式が完成した。

 TAKAさん、ミキさん、マキエさん、シュンスケさん、ケンジさん、カジさん、ミユキさん、エミさん本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。
 

インターンシップへの登録はコチラ
他のインターンシップ生の感想はコチラ



学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(YKさん/久留米大学3年)

投稿日時:2010/09/17

◇2010年8月度
  久留米大学3年 YKさん
※他のインターン生の感想はコチラ


■インターンシップのキッカケ

私にとって、インターンシップはこのカウテレビジョンが始めての経験でした。正直に言うとインターンシップ自体行くつもりが全くありませんでした。ではなぜカウテレビジョンのインターンシップに来たのか?社長のTAKAさんに会いたかったからです。私はメディアに興味があったわけでも、社会勉強をしたかったわけでもありません。あるキッカケでカウテレビジョンという会社を知り、HPを見てクレドという経営理念や事業内容に共感してカウテレビジョンに一目惚れをしました。そして、HPの情報は嘘が当たり前だと思っていたので、自分の目で確認したく、カウテレビジョンの門を叩いたことがこの15日間の始まりになります。

■クレドから学んだこと

インターンシップ初日に一番驚いたことは、クルー全員でのクレドの唱和でした。「クレド」=「クルーの考え方と行動基準」を確認するもので、火曜日の勉強会以外は毎朝全員で唱和します。読むスピードもですが、全員で声をあわせるとオフィス中に響き渡り朝から本当にパワフルです。
クレドにより会社がどこへ向かっていくのか、そして個人個人が何をすべきかがはっきりするので、私も団体の代表として組織を作りあげていく上で活かしていきたいと思います。

■感想
今まで大学という自由で緩い場所で毎日を送っていた私が、いきなり社会人の働く場所に放り込まれたわけです。始めは不安も多くあり、ネガティブな気持ちのほうが大きかったです。しかし、クルーの皆さんは本当に温かく、ニックネームで呼び合うなどクルーとインターンシップ生がとても近い関係で仕事をすることが出来ました。カウテレビジョンのオフィスの中ではネガティブな言葉は全くといっていいほど聞くことがなく、全員で雰囲気作りに気を遣っているとても素敵な会社だと思います。また、仕事に取り組むプロフェショナルな姿と学生よりも学生ノリの飲み会の姿を見ると、本当にバランスのとれた素晴らしい会社だと思いました。
この15日間を通してHPで一目惚れした時よりもさらにカウテレビジョンという会社が大好きになりました。



■最後に

カウテレビジョンは本当に温かく、かっこいい会社だと思います。私にとっての憧れの会社です。15日間では物足りなくてインターンシップの延長をしたので、まだまだ多くのことを学び吸収したいと思います。

このインターンシップで考え方が180°変わり、将来どんな自分になりたいのか今まで曖昧だった部分が明確になりました。今回の経験が私の人生においてターニングポイントになったといっても過言ではありません。そしてそれを表現するのはこれからなので、カウテレビジョン出身者という名に恥じぬよう頑張りたいと思います。

本当にTAKAさんをはじめ、クルーの皆さん、同期のインターンシップ生の仲間たちに感謝します。ありがとうございました。
 

インターンシップへの登録はコチラ
他のインターンシップ生の感想はコチラ



学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(SMさん/福岡大学3年)

投稿日時:2010/09/17

◇2010年7月度
  福岡大学3年 SMさん
※他のインターン生の感想はコチラ


■日報(インターン最終日)

時間が空きましたが、今日でインターンシップも最終日を迎えました。初日は、15日間という期間を長いと感じていましたが、終わってみると本当にあっという間の15日間でした。

最後の朝礼では、いつも以上に心を込めてクレドを唱和しました。最初クレドを読んだときは分からなかったCOWTVベーシックの意味も、毎朝クルーのどなたかが発表してくださるルーティーンのおかげで、卒業する今では自分の中で自分なりに理解することができました。今日の感謝では、昨日観た映画『トイ・ストーリー3』に感謝しました。友人に「あれは観たほうがいい!1・2を観てなくても分かるし、すごく感動するよ!」とお勧めされていたので観ることにしたのですが、本当に心暖まる優しい映画でした。物を大事にすることの大切さ、仲間を思う気持ちに胸が熱くなり、涙がこぼれました。本当にお勧めなので、皆さんもぜひ機会があれば観てみてください!

朝礼が終わった後は『新マイカンパニーTVのCSV設定』に取り掛かりました。SHUNSUKEさんにお願いされていたCSV設定も残り4つとなっていたので、今日絶対完成させようと意気込みました。見慣れない文字列などが並び、分からなかったこともありましたが、SHUNSUKEさんやMAKIEさんの力を借りて作業を進めていくことで、無事に完成させることが出来ました。終わった時の達成感は今でも忘れられません。それと同時に私にこのお仕事を任せてくださったSHUNSUKEさんに感謝したいと思います。ありがとうございます。作業を進める中で出てきた問題点や、ホームページ上で気になった点などをまとめてメールしましたので、そちらの確認もお願いします。

 今日はちょっとばたばたしていて、ブラインドタッチは午前に一度しか出来ませんでしたが、少し時間が空いたせいか思うように手が動きませんでした。結果はB…5回 C…5回 D…3回 E…7回でした。家でも何度かブラインドタッチの練習をしたのですが、やはり毎日午前・午後に30分ずつの、合わせて1日1時間という積み重ねが無かったからだと思います。毎日同じことをするのは、簡単そうですごく難しいと思うので、これが出来るようになるともっと成長できるような気がしました。
 
■最後に
COWTVとして、初の海外支局を設立という大変忙しい時期にインターン生として迎え入れてくれたにも関わらず、本当に皆さん優しく、丁寧なご指導ありがとうございました。今回のインターンシップで学んだことを、これからの生活や就職活動などで活かして、キラキラ輝く大人になりたいと思います。短い期間でしたが、TAKAさん、MIKIさん、MAKIEさん、SHUNSUKEさん、KENJIさん、KAJIさん、MIYUKIさん、EMIさん、インターンシップの仲間、本当にありがとうございました。この出会いに感謝します。


 

インターンシップへの登録はコチラ
他のインターンシップ生の感想はコチラ



学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2010年09月 >>

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

 

最近投稿された記事