FC2ブログ

自覚拓道(じかくたくどう)と申します。

投稿日時:2011/10/18
はじめまして。
10月11日より中途入社しました、
自覚拓道(じかくたくどう)と申します。

これは本名です。

中途入社の自覚拓道

カウテレビジョンでは営業活動のことを
「お客様活動」といいます。

今後様々な場面でお会いする事も多くなるかと思いますが、
何卒、宜しくお願い致します。

お客様活動MTG風景・・・
高橋康徳、自覚拓道、高岡尚代の3ショット

ここから、
お客様にもっと喜んでもらうには?と
ワクワクするようなアイデアが飛び出します。

今後の活動に乞うご期待下さい。


(自覚拓道/あなたのビジョンを動画にします。株式会社カウテレビジョン

カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

クルーの日常 トラックバック(0)

インターン感想(NKさん/九州大学3年)

投稿日時:2011/10/18

◇2011年夏期
  九州大学3年 NKさん
※他のインターン生の感想はコチラ


考えた2つのこと

COW-TVでのインターンシップで、大きく分けて2つのことを考えました。それは、仕事をする以前の社会人としての心構えと、仕事そのものについてです。

まず、心構えについて。一番大切なことは、相手の気持ちを考えて行動することだと学びました。仕事は、ただこなせばよいのではなく、相手が望んでいることは何かを考えることから始まるということを教えていただきました。お客さんがいてはじめて成り立つのが仕事なので、この姿勢はどこに行っても通用するものだと思います。お茶やメールなどの細かいことを疎かにしないからお客さんとの信頼関係ができていくのだと感じました。動画を作る時にも、「このくらいでいい」という妥協がなく、常に全力で相手の期待を超えるものを作ろうとされていました。仕事について専門的なことは分からない部分もありましたが、どういう気持ちで取り組めばよいのかという姿勢は確かに教えていただきました。

仕事とはどういうものなのかを考える機会にもなりました。任されたのは単純な作業だったかもしれません。しかし、その中にも、お客さんがこれを見てどのように感じるのだろうか、視聴者の方によりわかりやすく伝えるにはどのような言葉遣いにすればよいかなど、考えながらする作業は、とても楽しいものでした。5,6分の動画ができるまでにどれだけの時間と人の力がそこに注がれているのか、はじめて知りました。そのことを話した時、ある人は、そんな割に合わない仕事はしたくないと言っていましたが、私は全く逆のことを思いました。それだけ全力で取り組める仕事ができるということは幸せなことであり、その過程にある単純な作業でさえ、ゴールにある喜びを考えれば意味のある素晴らしい仕事に思えました。仕事の奥深さを教えられた気がしました。どんな仕事をするかを考えることはもちろん大切ですが、与えられた仕事の中にどんなやりがいを見つけるかということも重要だと感じました。



責任も大きかった

楽しい半面、責任も大きいということも学びました。締切が決まっていて、それまでにいろいろな工程を経て出来上がっていく動画は、綿密な計画を立てていなければ、そしてそれを共有できていなければ、仕事が成り立ちません。そのために、スケジュール管理やミーティングが徹底されていました。職種によっては例外もあるかもしれませんが、仕事はチームでするものです。他人の意見を聞いて、さまざまな角度から検討していくことでより良い仕事ができる一方で、一人ひとりが自覚を持って取り組まなければチーム全体が崩れてしまいます。その意味で、チームにおける責任は重いと感じました。そのことは、クルーの方々を見ていて感じただけでなく、自らの経験の中でも実感を得られました。それは、インターン生でディスカッションをしたときのこと。各々の意見を限られた時間の中でまとめるという作業は、想像以上に難しいものでした。しかし、与えられた時間は短かったものの、話をまとめる人、記録をする人、鋭い指摘をする人など、それぞれの役割があり、個性の生きたチームワークが発揮できていたように思います。力を合わせることの難しさと可能性の両方を肌で感じることのできた、有意義な体験でした。

仕事にしても、ディスカッションにしても、それが成功するのは、少しでも良いものにしよう、期待を超えるものにしようという執念があったからだと思います。執念というのは、今回のインターンシップにおけるキーワードの一つでした。執念を持って仕事をする、目標を達成するという執念を持つなど、様々なところでこの言葉が出てきたように思います。仕事における執念は、撮影の場合であれば、良い映像を撮ろうとすることであったり、編集の段階ではBGMへのこだわりや、ナレーションを何度も読み直しておられたところから感じました。会社全体を良くしていこうという姿勢は、朝礼があることや、「絶対達成できる目標シート」をクルーの方全員が記入しておられるところから感じられました。明確なビジョンがあることがその執念を生んでいると思います。クルーの方全員が、良い動画を作って多くの人に届けたい、人を元気にしたいという想いを持ち、ベクトルが同じ方向を向いているからこそ、良いコンテンツが生み出され、お客様にも視聴者の方にも満足していただけるのだろうと思いました。私も、将来そんなチームで仕事をしたいと心から思います。




実際に始まる前までは、ただ仕事を体験するだけだと思っていましたが、終わってみて考えると、仕事内容そのものより、仕事をする姿勢や、社会人としての自覚を育てていただいたように思います。それが可能だったのは、クルーの方が私たちを一人の大人として扱い、真剣に向き合ってくださったからだと思います。就職活動や、実際に働く前にそれを知ることができてよかったです。このインターンシップで学んだこと、感じたこと、インターン生やクルーの方のこと、そして何より、今持っている「何かやるぞ」という気持ちを忘れずにこれから過ごしていきます。多くの大切なことを教えてくださったすべての方に感謝します。ありがとうございました。



COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターン感想(TOさん/福岡工業大学3年)

投稿日時:2011/10/18

◇2011年夏期
  福岡工業大学3年 TOさん
※他のインターン生の感想はコチラ



目標を立てて仕事に取りかかる

僕が今回カウTVのインターンシップに参加させていただくことになったきっかけは、福岡市のインターンシップ協議会の中でたまたまカウTVが映像制作会社とあって目に付いたから選んでみたという理由なのですが、実際に行ってみると事前研修会で言われていた会社のイメージと全く違い、良い意味で期待を裏切られました。クルーの方全員がいきいきと仕事をされていて、カウTVという会社は本当に良い会社だなと思いました。


僕が今回のインターンシップに参加させていただいて勉強できたことが大きく2つあります。
1つ目は社会人としての仕事に対する基本的な姿勢です。電話の応対の仕方やコーヒーの注ぎ方などの小さいけど大事なことから報連相の徹底など、働く中でとても大切なことです。特に印象に残っていることは、「目標を立てて仕事に取りかかる」ということです。迷子の三原則のお話にもありましたが、まず目標を立てることによって自分が今すべきことが見えてきます。目標を立てずにだらだら作業するよりも目標を具体的に立て、それと現状を比較しながら作業を進めると効率がとても良くなります。他にはインターンシップが小・中学校の社会科見学と違う所として「仕事を実際にできる」という点がありますが、実際に自分が仕事を任されるという経験はその仕事の進み具合は自分にかかっているという責任感を感じることができ、貴重な体験となりました。


2つ目は、カウTVのクルーの方々から直接感じることのできる「生き方」です。今回のインターンシップではこちらのことの方が勉強になることの多くを占めていました。例えば、クルーの方々は本当にやる気に満ちあふれていて「やるぞ!」という気迫を感じます。背中で面白い人生とはこんなものなんだぞ!ということを教えてくださいます。自分の成長や会社の成長のことに関してとてもどん欲で何にでも挑戦するチャレンジ精神がとても刺激になりました。クルー全員が「相手の期待値を超える」という考えを根本に仕事し、皆から信頼され愛される人を目指していて、自分も普段から実践しようと思いました。もう一つ印象に残っているのは「良い自己暗示をかける」という考え方です。僕は最初、「人前で話すことが苦手だから…」と悪い自己暗示をかけてしまっていました。悪い自己暗示をかけても逃げになるだけで状況は全く良くなりません。逆に「人前で話すことなんて簡単だ!」と良い自己暗示をかけていくと本当にできるようになると思います。「こんな人間になりたい」という思いを抱かせてくれるカウTVのクルーの方々と出会えて本当に良かったです。

インターンシップを終えて

今回のインターンシップを終えて、自分なりに成長したと感じられた点があります。学校の講義で発表をするとき、以前はかなり緊張していたのですが、インターンシップ後はほとんど緊張せず、自分の言いたいことを言えるようになりました。インターンシップ中毎日欠かさず朝の朝礼の「感謝の言葉」を毎日考え、みんなの前で言っていたことや朝礼のときの「テレや羞恥心が役立つことはない!!」という気合い入れでよい自己暗示をかけていけた成果だと思います。


最初は15日間もインターンシップと思っていたのですが、毎日が過ぎるのが早くて本当に毎日が充実し、あっという間でした。「10知っている人よりも3知っていて1アウトプットしている人が偉い」というお話がありましたが、積極的に自分自身で物事を一生懸命考え、アウトプットしていきたいと思います。このインターンシップは僕の素晴らしい財産になりました!ありがとうございました!!



COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターン感想(HOさん/西南学院大学3年)

投稿日時:2011/10/18

◇2011年夏期
  西南学院大学3年 HOさん
※他のインターン生の感想はコチラ


価値観が変わった

私が、COW TVにインターンシップに行きたいと思ったのは、以前からCOWTVのホームページを見ていて、とても魅力的な会社だと思っており、ぜひ、インターンシップに行かせていただきたいと思ったのがきっかけです。



15日間というと、みなさん、長いと思われる方も多いと思いますが、COWTVでの15日間は、一日一日が濃く、本当にあっという間です。朝は、クレドの唱和から始まり一日に起こった感謝の出来事を述べます。一日のはじめに、皆さんの感謝の気持ちを聞くことで、一日をとても気持ちよく過ごすことが出来ます。他の会社にはないところとして、朝礼の終わりと退社時に、みなさん、一人一人と握手をして挨拶を交わすところも、COWTVの大きな特徴です。私は、はじめ握ったか握らないかぐらいの握手をしていたのですが、TAKAさんから、「どちらが気持ちがこもっていると思う」と、アドバイスを頂き、今まで、オブラートに包むことが大事であると思っていた私の偏った価値観を、行動にうつすことで変えることができました。がっちり握手をすることで、「今日も一日よろしくお願いします!」という自分の思いを相手に、伝えることが出来ます。自分から、肯定的な想いを相手に発信すること、自分がプラスの発信源になることでの求心力を、皆さん一人一人が実践しておられ、それが、COWTVとして、ひとつの強力な磁石となって、多くの人を引きつけている理由なんだと思います。

動画制作に携わった

また、キャプション、スーパー作成・貼り付けなど、動画作成に関わるお仕事も、たくさん教えていただきました。COWTVのクルーの方は、何事に対しても全力で取り組んでおられ、手を抜くということがありません。私たち、インターンシップ生に対しても「15日間だから」という思いはなく、何事に対しても真剣にアドバイスしてくださいます。それは、言葉でいうというよりも、クルーの方々の生き様みたいなものが伝わってきて、自然と肯定的にものごとを捉える力や、何事に対しても全力で取り組む姿勢というものを学ぶことが出来ます。


私が、自分と一番向き合わないといけないところは「声が小さい」というところだったのですが、COWTVに来て、声を大きく出すようになり、自然と発する言葉の内容や、誰に向けられた言葉なのかということも意識するようになりました。また、みなさんに聞こえるぐらいの声を出すことで、自分では気付かなかった修正点や、改善箇所など、クルーの方から教えていただくことも出来ます。声を大きく出すということは、私にとっては自分と向き合うということでしたが、同時にいいところもみなさんに言って頂く機会が増え、自分の長所にも目を向けることができました。

また、今季は、インターンシップ生が8人ということもあり、本当に良い仲間に、多くの刺激を受けながら、過ごすことができました。9月9日の「GOGO就活生!」という企画を、私たちインターン生に任せていただくことになり、皆で、冊子づくりや、どのように進めていくのかということまで話し合ったのですが、それを進めていく上でも、仕事において基本となること、何を重点に先に取り組めばいいのかということを、教えていただき、とても勉強になり、貴重な体験をさせていただきました。

一人一人が一生懸命になることでの信頼感をこれからも大事にして、就活、また、その先にある人生においても、COWTVで皆さんから、学んだこと、教えていただいたことを大切にして、自分の人生を輝かせていきたいと思います。


COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターン感想(MIさん/久留米大学3年)

投稿日時:2011/10/18

◇2011年夏期
  久留米大学3年 MIさん
※他のインターン生の感想はコチラ


衝撃を受けた朝礼

2011年夏、私はカウテレビジョンのインターンシップに参加し、多くのことを学びました。周りの方の刺激を受け、今まで自分が持ち得なかった視点を新たに持つことができ、自分自身、成長することができました。

カウテレビジョンのインターンシップで最初に衝撃を受けたのが、朝礼です。朝掃除の後、9時から朝礼を始めます。朝礼は、クレドの唱和、今日の感謝、絶対達成できる目標シートの記入、黙想、気合いの掛け声、そして、クルーの方との固い握手。そのなかでも印象強いものは、今日の感謝です。今日の感謝は、24時間以内に起こった出来事のなかで感謝したことを言います。皆さんの感謝の言葉を聞くと、その人がどんなことを思っているのかが見えて、聞いていて楽しいです。また、毎日感謝の言葉を言うことで、周りの有難さを改めて実感し、幸せな気分になります。そして、クルーの皆さんとの握手では、お互い目線を交わして、ガッチリと固い握手を交わします。印象強い朝を過ごして、「今日も1日頑張ろう!」という気持ちが溢れてきます。


ロケに同行

インターンシップ11日目、私はERライフさんのロケに同行させていただきました。そこで、TAKAさんの相手の話しに対しての反応が印象に残っています。TAKAさんは、相手が話しているとき、頷きが深く、ときには身体も揺れ、そして表情も話の内容によって変わり、身体全体で話を聞いていることが分かりました。例えば、驚いたときは、目が大きく開き、顔全体が上がって、身体が大きく揺れていました。そういうリアクションも、相手が気持よく話せる環境をつくっているのだろうと思いました。

カメラマンの賢司さんは、その場を映像越しや、直接見たりしながら、話に耳を傾けていました。話を聴きながら、「今はどこを移せば良い画になるだろうか」と考えているようにカメラを回していました。五感をフル稼働させ、「良いものをとる」という執念や、妥協を許さないといった熱い想いが、後ろで見ていた私にも伝わってきました。TAKAさんも賢司さんもプロ意識が高く、仕事に真正面から向き合っていて、こちらにも緊張感が伝わり、学生生活ではほとんど機会がない本当の「ビジネスの場」を体感でき、良い経験になりました。


アウトプットの大切さ

インターンシップ中にご飯を一緒にさせていただいた際、「インプットとアウトプットを足して、はじめて1になる」という言葉をいただきました。インプットなら誰でもできる。他人と違いが出てくるのは、アウトプットができるか否かだ、と。考えているだけでは、何も始まらない。自分が行動を起こしてからが勝負。頭では分かっていても、私は行動に移すまでの考える時間が長く、チャンスを何度も逃していました。しかし、周りの皆さんの行動を見ていると、周りによく気が付き、自分が思ったことを即行動に移しており、改めてアウトプットの大切さを実感しました。相手の期待値を読み、羞恥心を捨て、何事も恐れず、挑戦していこうと思いました。

長いようで短かったカウテレビジョンのインターンシップ。お互い刺激し合えるインターンの仲間もでき、良い時期に良い仲間とクルーの皆さんとともに仕事ができたことを嬉しく思います。自分がインターンシップ中に学んだこと・感じたことを忘れず、日常生活でアウトプットしていきます。そして、「なりたい自分」にさらに近づけるように、これからも元気パワーで頑張ります。15日間、ありがとうございました!


COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2011年10月 >>

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

 

最近投稿された記事