FC2ブログ

インターンの感想(YYさん/九州大学3年)

投稿日時:2014/05/10

◇2014年春季
九州大学3年 YYさん
※他のインターン生の感想はコチラ


14日間のカウテレビジョンでのインターンが終わり、また今まで通りの生活に戻りました。いつものように生活しているつもりですが、自分自身の振る舞いや感情を客観的に見てみると、少しずつ変化しつつあるように感じます。変化の大きなきっかけを得ることができたのは、カウでのインターンを経験したおかげだと思います。14日間の中で、辛かったこと嬉しかったこと含め、特に心に響いてきた出来事を中心に書いていこうと思います。

<朝礼>
 インターン初日は、朝礼の内容や皆さんの元気の良さに驚き、正直「この雰囲気に慣れていけるかな」と、不安しかありませんでした。朝礼には、皆が見ている前で声を張って挨拶をする、さらに感謝の気持ちを簡単なスピーチ形式で話すなど、私の苦手要素が盛りだくさんで入っていたからです。だから少しでも不安を取り除くために、毎日家で感謝の言葉を何回も練習して望んでいました。そうることで、少しずつ朝礼での緊張が薄れていきました。だいたい10日目を過ぎた頃から、家で練習しなくても少しずつアドリブで言えるようになってきました。さらに、皆さんの目を見て大きな声で挨拶出来るようになりました。
このように朝礼は、自分を成長させてくれたものであり
また自分の成長が実感出来たものでもありました。



<社長とのランチ>
 インターン二日目に、社長がお昼ご飯に連れて行ってくださいました。まだ二日目ということもあって緊張していたのかもしれませんが、今でもはっきり覚えているくらい本当に何にもしゃべれませんでした。あべちゃんやももか、りみが社長としっかり話しているのをただ隣で聞く。そんな皆の一方で、特に自分の意思が無く、何にも話せない自分にとても恥ずかしくなりました。こういった場面をきっかけに、「コミュニケーション力を本気で上げたい」と思ってモチアップ参加を決めました。「苦い経験が後々自分のためになる」ということを痛感した出来事でした。

<モチアップ>
 モチアップでは、学生での話合いだけでは絶対学ぶことの出来ない、新たな発見をたくさん得ることが出来ました。その文字色おかげで、どうしたら良いのかわからず沈み込んでいた気持ちが楽になることが何度かありました。また、短い時間で自分の考えをまとめて発表することもあり、話す力を鍛えるチャンスでした。最後のグループのまとめを発表する代表をまだ努めたことはなかったので、次モチアップに参加する機会があったらぜひやってみたいなと思います。


 他にも心に残っていることはいくつもありますが、こういった特に刺激を受けた出来事があったからこそ、冒頭でも言ったように、少しずつ自分自身が変われた気がします。最初は、まさかこんなたくさんのことを学べ、二週間後には自分が変わっているとは全く予想もしていませんでした。
 その変化というのは、前より積極性が増したということです。インターンが終わって大学の友達に会う機会があったのですが、以前より積極的に皆に話かけられるようになったし、より明るくなった気がします。また、有志をつのる場面があったのですが、そこでも自分から手を挙げて「やりたいです」と言えました。今までの自分だったら絶対そのようなことは出来なかったと思います。
 このように以前より積極的になれたのも、朝礼、クルーの皆さんとの何気ない会話、モチアップ、社長塾、ロケ同行など、カウで様々な体験をさせてもらったからだと思います。また、カウの皆さんの、明るくてお互いを高め合うキラキラしたパワーに後押しされたおかげだと思います。私もそういったパワーを少しずつ自分のものにして、周りの人を明るく、ハッピーに出来る人になりたいと思いました。
これからも、「チャレンジ精神」を忘れずに、学生生活を送りたいと思います。
 カウの皆さん、14日間本当にありがとうございました。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(YAさん/福岡大学3年)

投稿日時:2014/05/10

◇2014年春季
福岡大学3年 YAさん
※他のインターン生の感想はコチラ


・志望動機
今回カウテレビジョンに志望した動機は、最初は「とりあえず」インターンシップに参加してみようという安易な考えでした。それで福岡大学のインターンの説明にいきました。すると社長が講演をされていて、体験談をとしさんがされていました。その後、運よく社長ととしさんとご飯に行って少し話をしました。企業をどこに行くか全く決めていなかった私は講演を聞いて「ここにいこうかな」と少し思っていたのですが、社長が「うちにおいでよ」と言っていただいて決心が固まりました。選考であぶれたら個人的に連絡をして入れてもらおうとも思いました。そして無事受かってお世話になることになりました。あと、社会に出ていくうえで、最低限のマナーとか態度とかを教わりたかったからです。


・思ったこと
最初に思ったことはクルーの方々に活気があり、皆仲が良く、その中にもきっちりと緩むことのない緊張感が存在することです。前にある小売店でアルバイトしていた時は社員の人たちに活気がありませんでした。まるでカウテレビジョンとは真反対の感じで、最初に社会との接点を持ったところと大きく違ったので驚きました。
朝礼もあり、その時は全員でクレドを読み、感謝の言葉を伝え、最後はみんなで声を出すという流れでした。クレドは最初は本当にかむことが多くて、スムーズに言えるようになるまで少し時間がかかりました。感謝の言葉は何を言えばいいんだろう、これでいいやみたいな考えで臨んでいたものが日が経つにつれ、出社するまでにこれには感謝だ!!みたいな感じで「全力で」感謝を伝えれることができるようになりました。
受動的から能動的に15日間でできるようになってよかったです。

モチアップ、一度参加しました。社会人の中で学生が入っていく機会なんかはなかなかないことでしたので新鮮でよかったです。席に座ってから少しはどうしようという気持ちがどうしても先行してしまっていてなかなか輪に入ることができなかったけども、この際思いっきりやろうと思って輪の中に入り、話をするとみんな話を聞いてくれてこういうのは思い切っていかないとだめなんだなと思いました。これからも、機会があればぜひ参加したいと思いました。

社長塾、このときは取材のことについてでした。取材は行ったことなかったので、どんなものなのかはまったくわからなかったです。最初に相手の社長の緊張を解すために世間話から始め、徐々に本題にはいっていく、そしてもうインタビューを始めるということが話を聞いていて驚いたことです。一つのインタビューを作るのにこんなにも手間がかかるんだなと思いました。後、実際に二人一組でインタビューをやってみました。相手をうまく引き出すためにA&B&C質問等をやってみたのですが、うまく反応が取れなかったり妙な沈黙が続いて自分がやってみてこんなに難しいものなんだと思いました。でもいい経験ができてよかったです。


・まとめ
カウの皆さんは本当に前向きで、見ていて元気をもらうこともありました。そしてほめることがうまいなと感じました。自分がうまくできたらすぐにほめていただいて、それが自信につながったりもしました。
毎回、長期休暇のたびに、だらけてしまうのが私の悪い癖でした。しかしこの15日間で今回の春休みが本当に充実したものになりました。モチベーションも上がったしこれからもいろいろなことに積極的に参加していこうと思うようになった15日間でした。カウで共に過ごしたクルーの皆さん、アシスタントの皆さん、同期のインターンの皆さんに感謝です。ありがとうございました。




COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(NMさん/福岡女学院大学3年)

投稿日時:2014/05/10

◇2014年春季
福岡女学院大学3年 NMさん
※他のインターン生の感想はコチラ


鮮やかな緑を基調とし、大きな窓からあたたかな日が射す、ワンルーム。いたるところにかわいらしいウシ(cow)があしらわれ、そこにいるだけで元気が出てきそうな場所。はじめてカウテレビジョンに入った時、そう感じました。
そして、そんなオフィスで過ごした15日間のインターンシップは、場力」を身に染みて感じたインターンシップでした。


長所を認め、信頼し、もっと良くなるように。とりあえずではなくて全力で。

そんな考え方を持ったクルーのみなさんの姿は、本当にきらきらしていて、教えてくださることはもちろん、挨拶、話し方、仕事に対する姿勢など、どれもがどきっとするような、見ているだけ、聴いているだけでハッピーになるようなものでした。

具体的な1日の流れや、1つ1つの意味については、先輩、そして同期のインターンシップ生の方々がとてもわかりやすく書いてくださっているので、控えさせていただきますが、中でも深く印象に残ったのは、社長塾と目標設定シート設定でした。

初めて、「社長塾」という言葉を聞いたとき、社長→社員という一方通行の勉強会をイメージしましたが、実際は、学びの共有の場であり、社長もクルーの皆さんも、そしてインターン生も加えていただき、1つのテーマについて自由な意見の交換が行われました。その中では、相手を否定することは絶対にないため、素直な意見を交換し合うので、多くの発見をすることができました。

目標シート設定は、目的に向かって目標を行動レベルまで落とし込む、というものだったのですが、落とし込む過程にも、行動を実行するのにも、力を貸してくださるみなさんがいて、向上心が何倍にも高まりました。


カウテレビジョンでの15日間を終えた今、私は自分がいることのできる「」に感謝し、自分に何ができるか、を考えるようになりました。
カウテレビジョンという「場」を創り上げ、当時のクルーの方々の数よりも多くのインターンシップ生を受け入れていただき、その中でたくさんのことを教えてくださったクルーのみなさん、アシスタントのみなさん、一緒に切磋琢磨してくださった同期のみんな、本当にありがとうございました。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

ルーキー初めての...

投稿日時:2014/05/09

こんにちは。


私たちルーキーが入社し、1ヶ月が過ぎました。


そこで!!







今日は!!!








なんと!!!!






20140509ブログ



そう、今日はルーキー初のお給料日でした!!

後庵さん、嬉しそうですね。

初任給で何をしようかとワクワクする一方で、
「正社員」としての責任を感じ、
「一日でも早く、1人でも多くの人に『ありがとう』をもらえる人になろう」
と改めて決心したルーキー達でした。

初心を忘れず、頑張ります。


カウテレビジョン/川上尚子





カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

未分類 トラックバック(0)

インターンの感想(YMさん/九州産業大学3年)

投稿日時:2014/05/09

◇2014年春季
九州産業大学3年 YMさん
※他のインターン生の感想はコチラ


今回インターンシップに参加した理由は、私は将来、放送通信関係の仕事に就きたいと考えていて、カウテレビジョンでこの業界の仕事を体験し、将来、仕事をするために残りの大学生活で何を学んでいけばよいかキッカケを掴みたかったからです。さらに、もう一つ、社会体験をさせていただくことで、マナーや、仕事に対する取り組み方などを学び

私は、工業高校出身で周りの友達に就職している友達が多く、仕事の大変な話や残業などの話を聞いているうちに、仕事はやらされるものというイメージが強くなっていました。しかし、カウテレビジョンにインターンして感じたことはクルーの皆さんが仕事に対して熱意をもって、自発的に取り組んでいることです。このクルーの皆さんの姿を見たときに、私も将来、カウテレビジョンのように、自分から楽しく取り組むことのできる仕事


朝礼は朝最初にクルー全員で行うもので、内容はクレドを読み、感謝の言葉を発表し、声出しをします。朝礼は私の中で一番成長を実感することができたものだと思います。最初のころは、クルーの皆さんの前で感謝の言葉を発表したり、声出しをすることが恥ずかしいという気持ちばかりが先行してしまって、気持ちの良い朝礼を行うことができませんでした。しかし、毎日朝礼を行い、クルーの皆さんに声の出し方、あいさつ、握手のやり方などを教わっていくうちに、徐々に朝礼をすることが楽しく感じ

カウテレビジョンでは週に一回、社長による塾が行われており、インターン生はそれに参加させていただいていました。
私がこの社長塾で学んだことで一番印象に残っていることは、人生の法則は「成功=能力×熱意×考え方×出会い×決断」で考え方には-100~+100の考え方があること、決断には、体、心、魂の決断の「3つの決断がある」ということです。私はこの話を聞いて、自分が年を重ねるにつれてマイナスな考え方をすることが多く、何か行動を起こす時に損得感情や、だるい、めんどうくさいなどの感情で決断してしまっていると改めて思いました。このインターンに参加して、このことに改めて気づくことができ、正しいあり方を学ぶことができたことは本当に良かったです。

私は目標設定の時に、自分から自信を持って積極的に行動できるようになりたいと設定しました。今回のインターン中「積極的」という言葉がいい意味でも悪い意味でも常に頭にあったような気がします。カウテレビジョンのインターンでは、朝礼の時であったり、ロケに同行する人を決めるときであったり、いろいろな場面で積極性を求められます。自分から行動できたところもあれば、できなかったところもたくさんありました。朝礼では、司会、感謝の言葉を自分からすることができるようになり、成長を感じることができました。行動できなかったところも今後の改善できることをチャンスと思い、前向きに取り組んでいきます。


素直とは行動。とりあえず行動することが大事
カウテレビジョンでは、クルーの皆さんの働く姿やクルーの皆さんから教えていただけること、ほかのインターン生の考えた方や取り組み姿などから、たくさんのことを学ぶことができました。これはカウテレビジョンにインターンしなければ得ることのできなかったことで、とてもよい体験ができて、成長することができました。

クルー、アシスタントクルーの皆さんのお忙しい中、いろいろ指導していただきありがとうございました。今までの大学生活の中で一番内容の濃い15日間でした。この貴重な体験を今後生かしていけるよう頑張っていきます。ありがとうございました。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2014年05月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

 

最近投稿された記事