FC2ブログ

インターンの感想(RSさん/西南学院大学3年)

投稿日時:2014/05/10

◇2014年春季
西南学院大学3年 RSさん
※他のインターン生の感想はコチラ


私はこのインターンシップにおいて、①アルバイトとしてと社員として働くことの違いを知ること②就職活動に備えて今の自分に足りないものを発見することの2つを目的として申し込みをしました。また、カウテレビジョンを選んだ理由は、普段体験できない映像制作に携われるというところに惹かれたのと、この歴代インターン生の体験記を読んで、楽しそうな現場の雰囲気が伝わってきたからです。

朝礼
クレドを読む→感謝の言葉→気合い入れ→黙想→全員と握手 という流れなのですが、この流れの中にはとてもメリハリがあり、朝からすっきりした気持ちで1日を迎えられることができました。感謝の言葉では、いつもは気づかない感謝に触れることができるし、全員が一人ずつ感謝を述べることで、自分まで嬉しくなったり、新たな感謝に気づけたりとメリットがたくさんでした。全員と握手することにおいては、学生の立場だと握手する機会は少ないので初めは緊張しましたが、最後の最後で今日も頑張ろう!という気合いが入る感じがしました。

日報ミーティング
インターン生同士で、前日した仕事、その中で思ったこと・感じたことをシェアすることで、他の人の意見も聞けるだけでなく、自分もきちんとシェアできるようにしようと、しっかりメモに残したりするという、責任感や緊張感が1日持てることにも繋がっていました。また、自分の日報をフィードバックしていただいたもので学ぶこともたくさんあったのですが、他のインターン生のフィードバックにおいても学ぶことが多かったです。毎日忙しい中でフィードバックしていただいたクルーの皆さんに感謝しています。ありがとうございます。


ロケ
1度だけ同行させていただきました。インタビュー前の打ち合わせの風景や、いつもは見ることができないクルーの皆さんの姿など、驚きばかりでした。ロケ中は、最後まで緊張が解けずにいましたが、本当に貴重な体験をさせていただいてありがたかったです。ロケから帰社してすぐ、キャプションからスーパー作成・貼り付けをしました。いつもより作業がやりやすかったことを覚えています。こんなに携わった映像は、インターン中にこの1つだけだったので、とても愛着が湧きました。

モチアップ
インターン期間中、週2回ずつ参加しました。私は本当に人前で話すことが苦手なので、あんな大勢の人の前で話すこと、ましてや社会人の方の前ではとても緊張して、発言している時は、自分が何を言っているかわからない状態でした。
しかし、皆さんは私の話をしっかり聞いてくださって、しっかり意見してくださいました。その意見は、私だけでは到底見いだせるものではなく、大人の偉大さを感じました。また、同じ内容でも、違う曜日に参加することで、前回書いてないことを書こうと思ったり、聞いていないことが自然と耳に入ってきていたので、新鮮な気持ちでディスカッションすることができました。

インターン生
常に一緒で、とても刺激を受ける存在でした。キャプションから、スーパー作成・貼り付け、ほとんどのことを先輩のインターン生に教えてもらいました。その中での、改善点や映像について情報のシェアなど、インターン中に成長できたのも、他のインターン生の存在があったからだと思います。社長が仰っていた、3つのお土産の中の「人との繋がり」というお土産をもらったこと、改めて感謝しています。こんな短期間で、ここまで刺激し合える仲になれると思っていなかったので、大事にしたいです。


最後に
始めに挙げたインターンシップでの目的に関して。
①アルバイトとしてと社員として働くことの違いは、まず責任感の大きさでした。アルバイトだからといって責任がないと思っているわけではありませんでしたが、仕事の内容やクルーの皆さんを観察していると、責任の大きさの違いがとてもあることが分かりました。
②就職活動に備えて今の自分に足りないものを発見することについては、知識や話す力など足りないものはたくさんありますが、一番は視野の広さだと感じました。このインターンシップを通して、就活への悩みも少し解消できたし、以前より視野も少し広がったと思います。しかし、まだまだ就活まで時間があるので、しっかりいろんな側面から調べて知識を得て、自分に一番合う職に就けたらなと思います。まずは行動してみます!

インターンに行く前は、きちんと仕事ができるのかとか、15日間長いな…無償だし…とマイナスなことばかり考えていたのですが、すべてを終えた今 考えてみると、本当に濃い14日間でしたし、何にも替え難い経験ばかりで、期待以上のものでした。また、インターン中に出逢った皆さんからは、挨拶の仕方から、就活についての考え方など、学生生活において教授や先輩から教えていただけないこと、今まではまったく気にしていなかったことの注意・改善点を教えていただきました。それ以外でも、モチアップの参加、編集した映像に映る多くの社長の方々の話を通して、何事もやってみることが大事だと心から感じました。入口はマイナスでしたが、インターンに参加して、その先がカウテレビジョンで本当に幸せでした。
この体験記が、次回カウテレビジョンでインターンシップに参加する方々の後押しとなることができたらいいなと思っています。


COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(YYさん/九州大学3年)

投稿日時:2014/05/10

◇2014年春季
九州大学3年 YYさん
※他のインターン生の感想はコチラ


14日間のカウテレビジョンでのインターンが終わり、また今まで通りの生活に戻りました。いつものように生活しているつもりですが、自分自身の振る舞いや感情を客観的に見てみると、少しずつ変化しつつあるように感じます。変化の大きなきっかけを得ることができたのは、カウでのインターンを経験したおかげだと思います。14日間の中で、辛かったこと嬉しかったこと含め、特に心に響いてきた出来事を中心に書いていこうと思います。

<朝礼>
 インターン初日は、朝礼の内容や皆さんの元気の良さに驚き、正直「この雰囲気に慣れていけるかな」と、不安しかありませんでした。朝礼には、皆が見ている前で声を張って挨拶をする、さらに感謝の気持ちを簡単なスピーチ形式で話すなど、私の苦手要素が盛りだくさんで入っていたからです。だから少しでも不安を取り除くために、毎日家で感謝の言葉を何回も練習して望んでいました。そうることで、少しずつ朝礼での緊張が薄れていきました。だいたい10日目を過ぎた頃から、家で練習しなくても少しずつアドリブで言えるようになってきました。さらに、皆さんの目を見て大きな声で挨拶出来るようになりました。
このように朝礼は、自分を成長させてくれたものであり
また自分の成長が実感出来たものでもありました。



<社長とのランチ>
 インターン二日目に、社長がお昼ご飯に連れて行ってくださいました。まだ二日目ということもあって緊張していたのかもしれませんが、今でもはっきり覚えているくらい本当に何にもしゃべれませんでした。あべちゃんやももか、りみが社長としっかり話しているのをただ隣で聞く。そんな皆の一方で、特に自分の意思が無く、何にも話せない自分にとても恥ずかしくなりました。こういった場面をきっかけに、「コミュニケーション力を本気で上げたい」と思ってモチアップ参加を決めました。「苦い経験が後々自分のためになる」ということを痛感した出来事でした。

<モチアップ>
 モチアップでは、学生での話合いだけでは絶対学ぶことの出来ない、新たな発見をたくさん得ることが出来ました。その文字色おかげで、どうしたら良いのかわからず沈み込んでいた気持ちが楽になることが何度かありました。また、短い時間で自分の考えをまとめて発表することもあり、話す力を鍛えるチャンスでした。最後のグループのまとめを発表する代表をまだ努めたことはなかったので、次モチアップに参加する機会があったらぜひやってみたいなと思います。


 他にも心に残っていることはいくつもありますが、こういった特に刺激を受けた出来事があったからこそ、冒頭でも言ったように、少しずつ自分自身が変われた気がします。最初は、まさかこんなたくさんのことを学べ、二週間後には自分が変わっているとは全く予想もしていませんでした。
 その変化というのは、前より積極性が増したということです。インターンが終わって大学の友達に会う機会があったのですが、以前より積極的に皆に話かけられるようになったし、より明るくなった気がします。また、有志をつのる場面があったのですが、そこでも自分から手を挙げて「やりたいです」と言えました。今までの自分だったら絶対そのようなことは出来なかったと思います。
 このように以前より積極的になれたのも、朝礼、クルーの皆さんとの何気ない会話、モチアップ、社長塾、ロケ同行など、カウで様々な体験をさせてもらったからだと思います。また、カウの皆さんの、明るくてお互いを高め合うキラキラしたパワーに後押しされたおかげだと思います。私もそういったパワーを少しずつ自分のものにして、周りの人を明るく、ハッピーに出来る人になりたいと思いました。
これからも、「チャレンジ精神」を忘れずに、学生生活を送りたいと思います。
 カウの皆さん、14日間本当にありがとうございました。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(YAさん/福岡大学3年)

投稿日時:2014/05/10

◇2014年春季
福岡大学3年 YAさん
※他のインターン生の感想はコチラ


・志望動機
今回カウテレビジョンに志望した動機は、最初は「とりあえず」インターンシップに参加してみようという安易な考えでした。それで福岡大学のインターンの説明にいきました。すると社長が講演をされていて、体験談をとしさんがされていました。その後、運よく社長ととしさんとご飯に行って少し話をしました。企業をどこに行くか全く決めていなかった私は講演を聞いて「ここにいこうかな」と少し思っていたのですが、社長が「うちにおいでよ」と言っていただいて決心が固まりました。選考であぶれたら個人的に連絡をして入れてもらおうとも思いました。そして無事受かってお世話になることになりました。あと、社会に出ていくうえで、最低限のマナーとか態度とかを教わりたかったからです。


・思ったこと
最初に思ったことはクルーの方々に活気があり、皆仲が良く、その中にもきっちりと緩むことのない緊張感が存在することです。前にある小売店でアルバイトしていた時は社員の人たちに活気がありませんでした。まるでカウテレビジョンとは真反対の感じで、最初に社会との接点を持ったところと大きく違ったので驚きました。
朝礼もあり、その時は全員でクレドを読み、感謝の言葉を伝え、最後はみんなで声を出すという流れでした。クレドは最初は本当にかむことが多くて、スムーズに言えるようになるまで少し時間がかかりました。感謝の言葉は何を言えばいいんだろう、これでいいやみたいな考えで臨んでいたものが日が経つにつれ、出社するまでにこれには感謝だ!!みたいな感じで「全力で」感謝を伝えれることができるようになりました。
受動的から能動的に15日間でできるようになってよかったです。

モチアップ、一度参加しました。社会人の中で学生が入っていく機会なんかはなかなかないことでしたので新鮮でよかったです。席に座ってから少しはどうしようという気持ちがどうしても先行してしまっていてなかなか輪に入ることができなかったけども、この際思いっきりやろうと思って輪の中に入り、話をするとみんな話を聞いてくれてこういうのは思い切っていかないとだめなんだなと思いました。これからも、機会があればぜひ参加したいと思いました。

社長塾、このときは取材のことについてでした。取材は行ったことなかったので、どんなものなのかはまったくわからなかったです。最初に相手の社長の緊張を解すために世間話から始め、徐々に本題にはいっていく、そしてもうインタビューを始めるということが話を聞いていて驚いたことです。一つのインタビューを作るのにこんなにも手間がかかるんだなと思いました。後、実際に二人一組でインタビューをやってみました。相手をうまく引き出すためにA&B&C質問等をやってみたのですが、うまく反応が取れなかったり妙な沈黙が続いて自分がやってみてこんなに難しいものなんだと思いました。でもいい経験ができてよかったです。


・まとめ
カウの皆さんは本当に前向きで、見ていて元気をもらうこともありました。そしてほめることがうまいなと感じました。自分がうまくできたらすぐにほめていただいて、それが自信につながったりもしました。
毎回、長期休暇のたびに、だらけてしまうのが私の悪い癖でした。しかしこの15日間で今回の春休みが本当に充実したものになりました。モチベーションも上がったしこれからもいろいろなことに積極的に参加していこうと思うようになった15日間でした。カウで共に過ごしたクルーの皆さん、アシスタントの皆さん、同期のインターンの皆さんに感謝です。ありがとうございました。




COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(NMさん/福岡女学院大学3年)

投稿日時:2014/05/10

◇2014年春季
福岡女学院大学3年 NMさん
※他のインターン生の感想はコチラ


鮮やかな緑を基調とし、大きな窓からあたたかな日が射す、ワンルーム。いたるところにかわいらしいウシ(cow)があしらわれ、そこにいるだけで元気が出てきそうな場所。はじめてカウテレビジョンに入った時、そう感じました。
そして、そんなオフィスで過ごした15日間のインターンシップは、場力」を身に染みて感じたインターンシップでした。


長所を認め、信頼し、もっと良くなるように。とりあえずではなくて全力で。

そんな考え方を持ったクルーのみなさんの姿は、本当にきらきらしていて、教えてくださることはもちろん、挨拶、話し方、仕事に対する姿勢など、どれもがどきっとするような、見ているだけ、聴いているだけでハッピーになるようなものでした。

具体的な1日の流れや、1つ1つの意味については、先輩、そして同期のインターンシップ生の方々がとてもわかりやすく書いてくださっているので、控えさせていただきますが、中でも深く印象に残ったのは、社長塾と目標設定シート設定でした。

初めて、「社長塾」という言葉を聞いたとき、社長→社員という一方通行の勉強会をイメージしましたが、実際は、学びの共有の場であり、社長もクルーの皆さんも、そしてインターン生も加えていただき、1つのテーマについて自由な意見の交換が行われました。その中では、相手を否定することは絶対にないため、素直な意見を交換し合うので、多くの発見をすることができました。

目標シート設定は、目的に向かって目標を行動レベルまで落とし込む、というものだったのですが、落とし込む過程にも、行動を実行するのにも、力を貸してくださるみなさんがいて、向上心が何倍にも高まりました。


カウテレビジョンでの15日間を終えた今、私は自分がいることのできる「」に感謝し、自分に何ができるか、を考えるようになりました。
カウテレビジョンという「場」を創り上げ、当時のクルーの方々の数よりも多くのインターンシップ生を受け入れていただき、その中でたくさんのことを教えてくださったクルーのみなさん、アシスタントのみなさん、一緒に切磋琢磨してくださった同期のみんな、本当にありがとうございました。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2014年05月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

 

最近投稿された記事