FC2ブログ

北風は熱かった

投稿日時:2014/10/02
こんばんは。
唐揚げと相思相愛、大滝美代子です。
今日も元気にブログを書きます。




仕事では主に北エリアを担当しています。
ですので
北九州のロケがここ数日でも何件かあるのです。


月曜日は
株式会社ハローデイの加治社長にインタビュー取材をさせていただきました。

このロケではカメラマンを務めたのですが
必死すぎて写真はありません。


んがしかし!!!!

1412258310074.jpg



本社1階にあるハローデイ徳力店です。
取材が終わったあと
ご飯を買いに行きました。



続きまして本日は

大英産業株式会社の決起集会に潜入してきました。



1412256206996.jpg



皆さんパワフルで元気で熱い人たちです。


皆さんの笑顔を見てわたしも



1412256216594.jpg


にこっ


Be positive Be happy
カウテレビジョン/大滝美代子



カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

未分類 トラックバック(0)

インターンの感想(北原 恵里菜/筑紫女学園大学2年)

投稿日時:2014/10/02

◇2014年夏季
筑紫女学園大学2年 EKさん
※他のインターン生の感想はコチラ

【インターンの志望動機】
『多くの人は知らないけれど、知れば何かが変わる大切なこと』を多くの人に伝えるお手伝いをすることができるメディア関係の、あわよくば映像作成のできる仕事に就きたいと考えていることからカウテレビジョンへインターンシップに行くことを決めさせていただきました。

【主な研修内容】
・モチアップ
社会人の方とお話しする機会がめったになかったことからの緊張と、人生の経験が少ない私がこの話題とズレたことを言ったらどうしようと思うと怖くて、ほとんど意見を言うことができませんでした。その点が本当に後悔しています。やらずに後悔より、やって後悔!今後、「あの時、あれをやっておけばよかった」と思うことが無いようにこのモチアップの経験を忘れません。

・朝礼
感謝の1分間スピーチでは、最初の頃はなかなか誰に感謝するのか思いつかず、スピーチすることが苦でした。どうしてこんなに思いつかないのだろうと考えていたとき、感謝のスピーチの目的の一つが、「感謝することや、人の背景を想像する想像力を高めること」であると聞きました。その時私は、周りの人からしてもらっていることを当たり前のことだと思っていたのだと気づくことができました。それに気づかせていただいてからは、想像力を豊かにすることを心がけることできるようになり、インターンの終盤には誰への感謝をスピーチするか悩むほどになりました。そして、周囲の人に「ありがとう」と言う機会が増えました。

・フィードバック
前日に書いた日報を最初の頃は、ただ自分や他のインターン生のフィードバックを読むだけでした。しかし、あるときから、インターン生同士で「○○の作業の時は○○を気を付けてほしい」や、「この作業は○時までに終わらせる!」など作業の情報交換や、作業の目標時間を設定し始めました。すると、自分が行っている作業でどのような点を注意しなければならないことが自然と見えてきて、とても濃いフィードバックになりました。このフィードバックのやり方はぜひ次のインターン生の方にもしてもらいたいです。

・番組製作に関わる作業
番組制作に関わる作業は、私がやりたかったことでもあるので楽しくて、楽しくて仕方ありませんでした。その反面、できないことが多すぎて悔し涙を流した日もありました。そんな時、尚子さんから『Can notではなくHave not (今できないのは、したことがないからであって、能力がないわけではない)』という言葉を、美代子さんが教えてくださった社長さんの『壁は倒せば橋になる』など素敵な言葉をいただきました。クルーのみなさんの言葉に何度も救われ、言葉の偉大さを本当に感じました。そして、考え方を変えるだけで気持ちが大きく変わる。これから生きてゆくなかで大切なことを番組制作に関わる作業を通して教えていただきました。

・取材同行
私は運よく取材に同行させていただきました。まず驚いたことは、下調べをしっかりしてあるということです。私は、取材現場に行くまでの間にインタビューする人についてリサーチしたものを読ませていただいたのですが覚えるどころか、読み終わることすらできませんでした。深い話をするにはここまで相手のことを調べる必要があるのだと知りました。
また、取材の帰りに『視聴者目線でプロの質問をする』ことが自分たちの仕事だとお話してくださり、働くということはその道のプロになることだということを感じハッとさせられました。

【吸収&取得物】
毎日たくさんのことを吸収させていただきましたがそれをすべて書いていたら、とんでもないことになるので、いくつか抜粋して。
・目標や目的の大切さ
・やりたいことができたらすぐ行動!もたもたしない!
・作業をする時は、時間を決める
・日報など後々残しておきたいものは、具体的に書く
・言葉の偉大さ
・チームで目標を達成するということ
・ポジティブなのもの考え方
・クルーのみなさんの優しさ、人を思いやる心
・インターン生の仲間のヤル気
・タイピングスキル
・インターン仲間
・故郷


【最後に】
カウでの日々は、できない自分との戦いでした。コミュニケーション力の無さ、積極性の無さ、勉強してきたはずのものの知識のなさ、気の配れなさ…自分にはないものをカウテレビジョンのクルーのみなさんはもちろん、インターン生の仲間は持っており、キラキラしていて、できない自分が余計目立ち、悔しくて、悲しくて、毎日落ち込んでいまいした。でも、クルーのみなさんを始めとする多くの方々に助けていただいたからこそインターンを終了することができました。私は、多くの人に支えられながら生きているということを改めて実感させられる日々で、大げさだと思われるかもしれませんが人生において大切なことを教えていただきました。
また、これから私は何をしていかなければならないのかということを考える機会を与えてくれるものでもありました。今、自分がしなければならないこと、やりたいことをもう一度しっかり見つめ直していきます。
カウテレビジョンで過ごした日々は私の宝物です。Pricelessな経験をさせていただきました。インターンシップをカウテレビジョンですることができて本当に良かったです。
ありがとうございました。そして、これからもカウファミリーとしてよろしくお願いします。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg






カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(HKさん/久留米大学3年)

投稿日時:2014/10/02

◇2014年夏季
久留米大学3年 HKさん
※他のインターン生の感想はコチラ

○インターンを申し込んだきっかけ
「インターンに参加したほうがいいのかな。」という考えから始まりました。「1・2年生の夏休みとは違う、誰よりも充実した夏休みを送りたい」、「自分を成長させたい」という思いが強くなったことから、インターンを申し込みました。たくさんの企業がある中で、カウテレビジョンを見つけました。映像・企画制作のできる業界に興味があり、HPを検索しました。企業理念や公開された映像、過去のインターン生の感想等を調べていくうちに「ここでインターン生として参加したい!」という気持ちになりました。発表の日にカウに決まった時はとても嬉しかったです。
不安もありました。会社の雰囲気に馴染めるか、他のインターン生やクルーの方と仲良くなれるのか、どんな作業をするのか、15日間毎朝早起きできるのか・・・。しかし、緊張や不安全てインターンの初日にどこかへ行ってしまいました。やさしい方ばかりで、とてもあたたかい所でした。

○学んだこと
・感謝する大切さ
 カウの朝礼では24時間以内にあった感謝を発表します。自分が感謝したことを人前で言うのは恥ずかしく、最初は何を言おうか考えていましたが、朝礼の回数を重ねるにつれて、自然に出てくるようになってきました。クルーの方から反応があって、しっかり聞いてくださるので、恥ずかしさもなくなりました。カウの中のみではなく、家族にも友達にも、日常生活での本当に何気ない事でも感謝することができるようになりました。ただ感謝の言葉を言うだけではなく、目を見て笑顔で言えるようになりました。当たり前のことですが、カウではそんな当たり前を教えてもらうことができました。
 帰る前に全員と握手をすることで、今日も一日楽しく過ごすことができたという気持ちになり、握手の強さで感謝の気持ちも伝えることができることが分かってきました。私はこの時間がとても好きでした。

・目標を達成する、有言実行させる
 一日の終わりに日報を書く中で、FB担当者の方やインターン生に「キャプションを○時までに終わらせる」、「オザケンのランキングに名前を残す」、「朝礼の司会をする」というような目標(プレッシャー)を決めて毎日インターンに参加しました。目標を達成したら次の目標を決めました。目標を達成するのは簡単なことではなかったです。特にオザケンは無理かもしれないと勝手に決めつけていました。それでも努力せずに15日間を終わらせたくなかったので家でも練習しました。結果、テストの日にSを出すこともでき、ランキングに名前を残すこともできました。達成できるととても嬉しくて自分に限界を決めつけてはいけないと実感しました。

・全力でやること
 社長から教えていただきました。「とりあえず」を「全力で」に置き換えるというものです。「とりあえず」は、相手にやらされている、自分のできる範囲を制限している感じがします。「全力で」だと、モチベーションが断然違います。お話を聞いてから、意外に「とりあえず」と何気なく言っていることが分かりました。言葉が改善されたら行動も改善されると思うので、何事にも全力で取り組むように気を付けます。

・積極性
 例えば朝礼では司会を挙手制で決めます。一番初めに元気よく挙手することが大切だと学びました。また、インターン中に4回モチアップに参加しました。1回目の参加では誰かから振られてやっと自分の意見が言えました。2回目3回目では、振られることなく自分から発言することができました。社長塾があった日に、クルーの皆さんに質問をしました。その日のFBの時に他のインターン生から褒められたのが、大きな自信に繋がりました。

○最後に
 今思えば15日間は、個性的なクルーやインターン生から多くの刺激をもらえる濃いもので、毎日時間が過ぎていくのが早かったです。15日前と比べると自分に自信が持てるようになりました。褒められると伸びるほうなので、褒めてもらえたことは素直に受け止めて、長所としてどんどん伸ばしていきたいです。目標をしっかり持って大学生活を送りたいです。
 インターンは終わってしまいましたが、社長から「カウファミリーだからね。」と言われ、今後も繋がりを大切にしたいです。
 15日間お忙しい中、本当にお世話になりました。これからもよろしくお願い致します。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(YFさん/西南学院大学3年)

投稿日時:2014/10/02

◇2014年夏季
西南学院大学3年 YFさん
※他のインターン生の感想はコチラ

最近、就活の説明会・対策講座が行われており、まだ1年も先のことで参加人数は少なく、その中でよく言われるのが「ここにいるのは“意識が高い人”たち」という言葉。周りのボランティアや学生団体の活動をしている人の話を聞いて、活動的でこういう人たちを意識が高い人といって特殊な人たちで、自分は行動力もなく意識が高いわけじゃなく、すごく差があるなと感じていた自分なりの、カウテレビジョンでのインターンシップの感想を書こうと思います。

今回のインターンシップの志望理由の1つとしては、もともと人の心に興味があり人の心を動かすことをしたいと思っていて、それを映像だと影響力も強く多くの人に対してできると思っており、映像の仕事に興味があったから。それと、私はインターンシップに応募用紙の自己PRの欄で(自分が大学で頑張ってきたこと等…)とあり1日悩んでも書けない程、何もしたことがないと自分を認められないくらい自分に自信がなく、自分を変えるきかっけになればというのがもう1つの大きな理由だったと思います。
そのため、まず、インターンに参加しようと福岡で映像関係の仕事ができる会社に絞って全部に応募ということをして、カウテレビジョンについて詳しく調べて応募したわけでもなかったので、今考えるとカウテレビジョンでのインターンシップは偶然だったような気がします。

【カウテレビジョンで行ったこと】
◆朝礼
 30分間の朝礼ですることは、クレドの読み合わせ・感謝のスピーチ・ロープレ・気合い入れ・黙想・握手です。特に影響されたものについて触れると、まず、感謝のスピーチです。感謝のスピーチはインターンの始めの頃は何を言おうか必死で考えていたけど、終わりの頃にはいくつも感謝したいことがあってどれを言うか迷うほどになっていました。そして、それについて知ったり考えたりしているととても嬉しかったな、面白いな等、明るい感情が心を占めて朝から気持ちよく仕事を始めることもできました。また、15日間でその背景について考える癖も身についてきたと思います。そして、もう1つ個人的に特に影響されたのが握手です。握手というのは、今までにしたことはあるけど、する機会はそれほどないものだと思います。しかし、人見知りの自分にとっては、人と目を合わせることもでき、1日1回以上全員と関わることができ、なぜ今までしてこなかったのだろうと思うほど、人見知りを直すにはすごく効果的だと感じました。今後も、握手をしていきたいと思いました。


◆モチアップ
 朝、とても早くからあるためきついイメージがあったけれど、実際に参加してみると1日がとても気持ちよく始まり、夜まで疲れずに動き続けることができました。また、様々な社会人の方々と関わる機会になり、意見を聞けたことはとても貴重な経験になったと思います。そして、班に分かれてテーマについて話すときに、自然と誰かが進行役になってみんなの意見を深くまで聞いたり、まとめの時には全員分の意見を拾って、まとめを言っていたりしたのを見て、すごく衝撃を受けました。一人ひとりの意見を尊重する優しさと、どうまとめたらいいのか、どうしたら話し合いが上手く進むのかの手本を見せてもらってこれが大人・社会人なのだと感動しました。学生同士ではなかなか同じようにすることはできないと思いました。それと同時に、私はこれができるようになりたいと強く思いました。

◆番組制作に関わる仕事
 キャプション・スーパー作成貼り付け・QAプロジェクトなどありましたが、その会社の社長さんの言葉を歪ませず伝える・見易さなど視聴者の目線に立って考えるということを目的にしていたので、話の内容や声の強弱・間などの話し方に注意しながら仕事をしていたため単純な作業の繰り返しの作業にならず、また、その会社や社長さんの理念や伝えたいことを聞くこともできたので、学んだり考えたりしながら楽しく仕事ができました。

【カウテレビジョンでのインターンの魅力】
 たくさんありましたが、その中で3つ挙げたいと思います。
1つ目は、失敗が怖くない、行動するのが当たり前になる空気感
 初日から色んな人に自分からやっていかなきゃ何もできないよと言われ、性格的に無理だと思っていました。しかし、「まずその人のいいところを伸ばす」のがあるらしく、日報のフィードバックなど様々な場面で、とにかく褒めてくれました。また、ありがとうと言われることが多く、頑張るぞという気持ちになり、朝礼の司会をしてみたり、その仕事したいと言っていたり、何時までにこれを終わらせるなど宣言するようになっていました。失敗が怖いというのは多くの人が感じたことがあると思いますが、それが怖くないと感じられる・やってみようかなと自然に思うようになる空気感を持った場所というのは中々ないと思います。この空気感を体感できたことは本当に貴重な体験をさせてもらったと思います。

2つ目は、人との繋がり、仲間の重要性を知ることができる
私は、1人で行動するのが平気なタイプで、学校やアルバイトでは、親友以外はその場で話せたり助け合えたりできれば十分でそれ以外では一切関わらないという、人との繋がりを持とうとしない方でした。でも、カウテレビジョンは人との繋がりを大切にしていて、クルーの皆さん、アシスタントの皆さん、インターン生、モチアップで他の社会人の方々などたくさんの人に会いました。色々なことを教えてくださったり応援してくれたり、頑張ろうという気持ちを常に持ち続けることができました。特に同じインターン生に影響を与えられることが多かったです。行動力あふれる人、人と積極的に関わっていく人、癒し系で明るい人などみんなそれぞれに持っているものがあって、毎日、見習いたいなやすごいと感心することがあり、とても刺激的でした。

3つ目は、目的の大切さを知ることができる
 カウテレビジョンでしたことは多すぎて挙げきれないけれど、全てに共通していたことがありました。それは、すべての行動に目的があることです。まず、何かを始める前にその目的について説明され、自分が他のインターン生に教えるときもその目的から説明しました。目的を知っているのと知らないのでは大きく違い、朝礼の場合では、目的を持って行動をすることで、何かを得ることができ意味のあるものとなり、仕事の場合では、その仕事の目的を知ることで、何をすればいいのか、何に気を付ければいいのかが明確になるため、目的は行動を意識化し、成長する、進化するために重要になるものだと知りました。

【最後に】
 インターンを終わっての感想としては、「すごく楽しかった!」というのが一番にきました。もちろん、様々なことを学ばせてもらい成長できたとも思います。インターン中や終わった後に、クルーの皆さんやインターン生に福ちゃん変わったねと言われました。しかし、それは無理をして変わろうとして変わったわけではなく、カウテレビジョンの空気感やインターン生などに影響されて行動を起こしているうちに自然に変わったのだと思います。どう変わったのかは自分では上手く言えないけれど、変わったこととして1つ言えるのは、未来をはっきりとみるようになったことだと思います。今まで、何かをしたいなと思ってもできないのは行動力がないからだと思っていたけど、本当は先のことをぼんやりとしか考えたことがなく、目標や行動を決めていなかったためだと分かりました。背中を押してもらいながらでしたがやってみたら意外とできるなと感じることが何回もあり、自分に自信を持つこともできたし、失敗するかどうかは頭で考え続けるよりもやってみなきゃわからないと感じました。
また、このインターン中にインタビューの魅力というのを知りました。私は何かを知るというのが好きで人の話を聞くのが好きでした。しかし、今までは受け身的で人が話してくれているのを聞くばかりでした。だから、これからは自分から人に話を聞いていくと決めました。これからもカウテレビジョンと繋がっていけたらと思います。15日間ありがとうございました。


COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから



学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg





カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(YAさん/九州産業大学3年)

投稿日時:2014/10/02

◇2014年夏季
九州産業大学3年 YAさん
※他のインターン生の感想はコチラ

私がインターンシップに参加した理由は、社会体験をして社会人として必要な能力を学ぶことで、これからの大学生活をどのように過ごしていけばいいのか考えたかったからです。
また、インターンシップ先としてカウテレビジョンを選んだ理由は、私は、消極的なのですが、高橋社長は、明るく、積極的で、こんな社長がいるカウテレビジョンという会社はどのようなところなのか、興味を持ったので、参加させていただきました。
【朝礼】
 朝礼は、朝仕事をする前に、最初にクルー全員でやるもので、最初は、クレドを読み会社の理念やビジョンをクルー全員で共有し、その後、1人1人感謝の言葉を言って、ロープレをし、気合い入れをします。この朝礼では、1日を振り返ることで、身の回りの普段当り前のように過ぎている日々に感謝して、1日1日を大切に生きていこうと思うようになりました。
【日報フィードバッグ】
 これは、インターンシップ中は、1日の終わりに日報を書いて、それを次の時にみんなで共有します。これは、みんなが1日何をしていたのか、また、どのようなことを感じたのかなど他のインターン生の私とは違う考え方に触れられることができました。


【モチアップ】
 モチアップは、社会人と一緒に同じ題材で意見交換ができるものです。私は、消極的なので、最初、上手く相手とコミュニケーションを取ることが出来なかったのですが、少しずつ意見交換が出来るようになりました。また、社会人にとっては、今の学生が何を考えているかわかり、私たち学生は、実際に社会人が思っている現場のリアルな声を聞くことができるお互いにとてもためになるものでした。
【取材】
 私は、1回取材に同行する機会がありました。普段は、パソコンの画面越しにしか見ていなかったものを実際に同行でき、とても貴重な体験でした。ここで、私が感じたことは、場の雰囲気作りです。これは、私は、撮影の最中、空気がピリッとしているのではと思っていたのですが、終始和やかな雰囲気で、雑談なども交えながら行っていました。この雰囲気が相手の社長の言いたいことなどを引き出しているのではと考え、私も人と話すときに相手の人が話しやすい環境を作ることで、もっと上手く相手と話せるのではないかと思いました。


【最後に】
 私は、この15日間のインターンシップで日々私の成長を感じることができました。これは、前に書いたこともありますが、私がさせてもらっていた仕事も、最初は1から教えてもらいそれから、自分で考えて仕事をし、最後には他のインターン生に教えるという一連の流れがそう感じさせてもらえたと思います。また、その中で、やりがいを感じ、もっといいものを求め、クルーの人たちから技術を学び、また、それを活かし仕事をしていけました。なので、私はこの15日間のインターンシップはとても充実したものになりました。皆さんも是非参加してみてください。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg




カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2014年10月 >>

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

 

最近投稿された記事