FC2ブログ

インターンの感想(YNさん/福岡大学2年)

投稿日時:2015/06/01

◇2015年春季
福岡大学2年 YNさん
※他のインターン生の感想はコチラ


15日間という期間は、最初はすごく長いなと自分は思っていました。しかし、カウテレビジョンで過ごす時間は、毎日が新鮮で初めてのことばかりで時間はすぐに過ぎていきました。今思うともっと長くてもいいかなと思うくらいです。この春休みの期間に何か1つ周りの人と違う経験がしたいと思ったのが、このインターンシップに参加した理由です。
この春休みにインターンシップに行きたいと思い、福大にきていたインターンシップの受け入れ先の企業を調べました。カウテレビジョンに決めた理由は、過去のインターンシップ生のブログを読んで自分もこの会社で成長したいと思ったことと、インターンの期間が終わった後にもこの会社と関係を持つことができるからです。ここまで学生のことを思った企業はなかなか見つからないと思いすぐに決めました。そして今、研修期間を終えてこの企業のインターンシップに参加させてもらえて本当に良かったです。


【朝礼】
朝礼では感謝のスピーチ、気合入れ、黙想が行われます。朝から大きな声を出すことに最初は抵抗がありましたが、やっていくうちにみんなで声を出すことが楽しくなっていました。この朝礼のおかげで、人前で話すことが苦手だった自分を変えることができました。感謝のスピーチでは感謝を口に出して伝えることが大切なのだと思いました。他の人の感謝を聞くと自分のことのように温かい気持ちになりました。

【日報フィードバック】
日報フィードバックの時間は毎日自分がとても大切にしていた時間でした。他のインターン生の日報を見ることで同じ時間を過ごしていても自分とは違う見方を知ることができ、それが新鮮で勉強になりました。そして、毎日自分の書いた日報に対して丁寧なフィードバックを社員の方が書いてくれたのは本当に嬉しかったです。このフィードバックのおかげで、少しずつ緊張もほぐれていきました。本当に感謝しています。

【モチアップ】
このモチアップでは、福岡で働く方々の話を直接聞くことができました。この朝の会では人との出会いがたくさんありいい場だなと思いました。これが場力でありその場のすごい力を感じました。自分も人との出会いに感謝します。


【最後に】
このインターンシップの期間には毎日毎日自分の成長を感じることができました。大学生活ではなかなか体験する機会がないことばかりでとても勉強になりました。カウテレビジョンの考え方は新しいことばかりでなるほどと思うことが多かったです。作業と仕事の違いの考え方は自分がとても共感を持てるものでした。今まで自分がやってきたこと勉強、スポーツはほとんどが作業だったのだと思いました。考えて試行錯誤を繰り返し、相手が求める期待値を超えることが仕事であることを知りました。
とても充実した15日間でした。この出会いに心から感謝します。
本当に有り難うございました。


COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg



カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(MUさん/福岡大学2年)

投稿日時:2015/06/01

◇2015年春季
福岡大学2年 MUさん
※他のインターン生の感想はコチラ


【参加動機】
今回私がインターンシップに参加した理由は、せっかく時間のある2年生の春休みをただ漫然と過ごすのではなく、現在志望しているテレビ局での職業体験をすることによって、自分にはないスキルや考え方を学びたかったからです。

【インターンシップの中で・・・】
私が今回のインターンシップで多くのことを学べた時間のひとつが、日報フィードバックの時間でした。カウテレビジョンのインターンシップでは、毎日仕事の終わりに日報を書きます。簡単に言うと、その日の出来事や感想を書くことです。この日報に対しては、カウテレビジョンのクルーやアシスタントの方がフィードバック(返事)をしてくださいます。私は、この日報のフィードバックに本当に感謝をしています。なぜなら、仕事の中だけでなく、このフィードバックでもたくさん成長させていただいたからです。私が日報フィードバックによって成長できたと思えるひとつは、「目的」を持つことの大切さを知り、あらゆる行動に対して「目的」を持つことができるようになったということです。

なぜ「目的」を持つことが大切なのか。その理由のひとつは、「目的」を持つことで「工夫」が生まれ、「作業」が「仕事」へと変わり、さらにはその「仕事」に「自信」を持つことができるからです。「作業」とは、言われたことをただこなすだけのことですが、「仕事」とは、言われたこと以上のことをこなし、相手の「期待値を超える」ことをすることです。

私は、この「目的」を持つことの大切さをインターンシップの中で実感することができました。今回のインターンシップでは、番組制作のアシスタントをさせていただきましたが、その中でスーパーの制作の仕事がありました。スーパーとは、話し手の言葉を文字で表示するものです。このスーパーを作成する目的には、「視聴者の理解を助ける」ということがあります。
その「目的」を理解することによって、視聴者がより理解しやすいスーパーにするにはどうすると良いだろうかと「工夫」をするようになりました。

例えば、漢字で表記する方が良いのか、ひらがなで表記する方が良いのかなどといった「工夫」です。そして、そのような「工夫」をしながらスーパーを作ることで、「自分は視聴者の方により理解してもらえるように仕事をしているんだ」と、自分の仕事に対して「自信」を持つこともできるようになりました。このように日報フィードバックは、自分に新たな考え方を与えてくれ、さらには自分の行動を変えるきっかけにもなり、自分の成長の大きな糧になりました。

【インターンシップを終え、これから・・・】
カウテレビジョンのクルーの皆さんは温かくユーモア溢れる方々で、今回のインターンシップも楽しくあっという間に終わってしました。研修の中では多くのことを学び、成長することもできました。しかし私は、ここで学んだことを今後いかに自分の人生の中で活かしていくことができるか、また今回成長できた部分を今後いかに継続していくことができるかということが最も重要だと思います。まだ具体的にどう活かし、どう継続していくかは考え中です。
しかし、これから始まる就職活動などにおいてはもちろん、その後就職して仕事をするときにおいてもここでの学びや成長をどんどん生かしていくことによって、このインターンシップを本当の価値あるものにしていきます。


COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg



カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(RNさん/九州産業大学4年)

投稿日時:2015/06/01

◇2015年春季
九州産業大学4年 RNさん
※他のインターン生の感想はコチラ


カウテレビジョンの皆さん。
先日は15日間のインターンお世話になりました。
そんな中で僕が感じたこと学んだことを書いといきたいと思います。

僕がカウのインターンで学んだ事は二つあります。
一つ目は、常に前向きな姿勢。クレドは勿論、自分が発する言葉一つで意識の持ちようを変えることができる。僕の場合、大変失礼な言動が多かったですが、クルーの暖かい気遣いのもと伸び伸びとインターンを終えることができました。
二つ目は、目的に対してのアプローチです。元々、僕自身も目的に対して手段を選ばずにという考えを持っていましたが、特にカウでは目的に対して価値を極めて深掘りするだけでなく、社会的視点からも見えたうえでの理由付け、目的に対しての手段から得られるものであったり、相手にだけ満足してもらうだけでなく自分も満足できるような提案をしていける所。常に自社の存在意義を追求し続ける姿に心打たれました。
これから、僕は就活に入っていきますが就活をしていく上で、何を目的にするのか再確認できる、とても良い経験になりました。

そして、自分自信の武器は何か。
なんとなく見えてきました。
例えば、何かしらの学校に行けずに不登校となり鬱病でなどの病気と言われる人は何故「患者」として扱われるのでしょうか。
今の日本は「社会に適応する人間」を「健常者」と見なします。鬱病になった人間性の鋭い人たちを「異常者」と見なす傾向にあると思います。本当に病気なのはどちらか。つまり社会に適応する事が人間性を失った病気とも見れないか。そういった物事の根本とした問題を追求して形にする問題意識。であったり、
これらを何かしらの形でこれからの就活で活かしていこうと思います。

15日間本当にありがとうございました。

これからも宜しくお願いします。


COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg



カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(YSさん/福岡工業大学2年)

投稿日時:2015/06/01

◇2015年春季
福岡工業大学2年 YSさん
※他のインターン生の感想はコチラ


【インターン1日目】
まず第一日目の感想は高橋社長の講和のDVDを聞いて、何万人もの見る人が元気づけられるような一つの映像を、長時間作ったりすることが私は、印象に残りました。見てくれた人に感謝したいという気持ちが高橋社長にはあったと私は思い、「インターネットの映像」という言葉で、取材する人が話の聞き上手で社員6人と共に信頼関係を深めながら、客観的な表現を上手く使って何万人もの見る人が興味や関心などを持つために悔いのない映像制作をするところが私は、仕事の大変さを知り、何度も積み重ねて完成させる気持ちがあったと思い、仕事では他の株式会社の社長のインタビューの事業内容の映像を作ることでした。

【インターンの仕事】
全体の感想では朝礼前の清掃時間ではコーヒーカップの洗浄で、最初は洗浄だけで時間をかけてしまったが、1日だけ10分以内に終わらせることができ、工夫したのは洗った後のカップの水切りをやるところでした。
また、コーヒー作りでは、全てのお客様にコーヒーを出すことで、時間を割いてお客様が来てくださることに感謝することでした。失敗は、コーヒー豆をこぼしてしまったところと、お客様が来た時にコーヒーがポットの中に入っていなかったところで、焦りながら作ったこともありました。お客様が何人ぐらいいらっしゃるかどうかを社員に聞いてから作るように心がけようと思うこともあった。成功はお客様に対して、笑顔でコーヒーを渡すことが出来たことです。

【朝礼】
朝礼で、クレド読みではウソ大げさな表現はしませんの文章を見て、話を聞く姿勢を持つことがまず大事で、私自身の考えや他の人の本当にあった出来事などを分かりやすく相手に伝えることに共通してくると感じました。「感謝の一言」で、最初はキーワードを考えながら言い、ほぼ15日間毎日継続することで途中で話が変わった部分もあったが、それでも朝礼をやっている皆に聞こえるように説明できました。「気合い入れ」では、目標達成に当てはめ、自分のやる仕事が継続して励むことが大事で、思ったのはセリフを声に出して言うことでストレス解消になりました。初めて司会をやって気合い入れのセリフを覚えられたのも成功につながりました。


【編集の仕事①】
キャプション作業では、インタビューする人の言っていることと社長が言っている質問をインターネットの動画で視聴し、メモ帳などに文字を打っていく作業だった。難しかったのが横を最大20文字までにすることで、言っていることが聞きづらかった部分もあり、話すスピードが早くなるほど打つことに集中しなければならないと思い、心に残ったことは、ぱどの社長の話で広告会社に関する内容で凸版印刷の言葉を初めて聞いたと思い笑顔が出てきました。共通したところはやり方はタイピング練習とほぼ同じで文字を打っていく作業でした。スーパー作成で、徐々に出来るようになったのは、最初やった内容でプレミアの中でのタイトル作りのキーボード入力で、文字を下段に揃えるところでした。たまに同じ言葉をメモ帳で2回コピーしたところがいけなく、そこで工夫したところが右クリックして消去したところでした。消去後、同じ言葉が2回書かれていないかを調査する中で、前のタイトル作りの言葉が良く分からず、字が読みにくかったこともあり、聞き取れたのはインタビューする人の言葉の色を白にし、社長の言葉の色を青にすることでした。

【名刺作成】
名刺作成では、卒業後に関連してくるもので、なるべく顔が載ってないようなデザインを選びました。名刺作成した日に自分が作った名刺は自分のものだと日報に書いたところで、次の日のフィードバックを読む時間にコメントを見たら、話を上手に聞いているみたいな褒め言葉が書かれていることに気付き私は嬉しく、一つ成功につながった部分もあった。

【編集の仕事②】
二行洗練で難しかったのが、返事の言葉の誤字を上手く修正するところでした。説明を受けた後は、ほとんど誤字・脱字を省いて改行する作業が出来るようになり、初めて耳にする言葉と面白い言葉があって笑顔が浮かんだこともありました。そして、誤字・脱字を省くことで、見る人が理解でき、印象に残るような文章であることの共通点でした。スーパー作成したものを貼り付ける作業で、最初はメモしても説明を聞き取れず、ずっと長い時間集中して聞くと徐々に理解が出来ました。プレミア内でインタビューする人の言葉を聞き、時間に合わせタイトル作成の言葉を貼り付けた上で、半角になっている状態で、スペースキーを押すと話を進めたり止めたりすることと、スーパーを貼り付ける場所に話を聞いた内容が貼り出されてなかったらタイトルを新規作成し直すことやキーボードの右側にある左右の矢印ボタンで早戻しや早送りが出来たりし、最初はキャプション作業と同じぐらい時間をかけてやるのが大変だった。

【社長塾】
社長塾では、社長の意見を参加者全員から共有して貰う会のことで、参加した人の殆どが、社長の意見に対して前向きに挙手していたことが私は積極性を感じました。言葉の意味が分からなかった部分が一つあり、社長に質問すると、私が応答を聞く中で説明するスピードが早く感じ、落ち着いている部分もありました。モチアップ勉強会では、解決力を身に付けることでグループでディスカッションをしていき、みんな全員で発表する形で自分の考えに対して改善点を見つけてくれた人からアドバイスを貰ったことに関して、私は朝礼での感謝の一言でそのことを言おうと思い、一番分かりやすくみんなに説明できたと思いました。その前の初めて参加する人の自己紹介があると聞き、人とのコミュニケーションに関係してくると思いました。伸びる社員の条件で説明する人の思考力が深いことに関して私は、詳しく説明でき、聞いている人が理解出来やすいことを感じました。あと、知らない業界に触れ合うことも当てはまり、インタビューする人の説明の中で、会社概要や雰囲気について詳しく聞ける日があることでした。

【インターンシップで学んだこと】
学んだことは、挨拶とは自分が相手に対して、思いやりのある心を持ちながら、相手に迫り豊かにすることでした。黙想とは理想の自分を思い出しながら、一つの仕事を成功させることと、気持ちの切り替えが上手く出来ることにつながります。

COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg



カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(KAさん/福岡大学3年)

投稿日時:2015/06/01

◇2015年春季
福岡大学3年 KAさん
※他のインターン生の感想はコチラ


【志望動機】
私は小さいころからテレビを見ることが好きで、映像の制作・編集の仕事に興味がありました。就職先としてマスコミ・映像業界も視野に入れたいと感じていたので、そういった業界のインターンシップを探していました。福岡大学独自のインターンシップに参加している企業で、映像の制作や編集の仕事を行っている企業で真っ先に見つけたのが、カウテレビジョンでした。他にも、映像業界の企業はあったのですが、少しでも映像制作や編集に携われるために、その中で一番インターンシップの期間が長かったカウテレビジョンを選べばたくさんのことを学べると思い、志望しました。実は、3年生の夏にもカウテレビジョンのインターンシップに応募していたのですが、福岡大学の定員枠を超えていたので参加することができませんでした。今回やっと!インターンシップに参加することができたのでとても嬉しかったです。

【取り組んだ事、学んだ事】
毎朝8:50までに出社し、朝礼(月曜日以外)、インターン生同士で日報のFBの共有・目標達成シートのチェックを行い、任された仕事を行う、そして最後にOZAKENと一日の日報を書く、というのが1日の大まかな流れでした。

朝礼
朝礼では、過去のインターン生の感想で、とても特殊で圧倒される朝礼だと知っていましたが、アルバイト先でも大きい声で朝礼を行っているので、そこまで抵抗はありませんでした。一人ずつ感想を言う場面では、初日は電車の中で何を言おうか考えていましたが、2日目から準備をすることなく、その場で自分の感想を言うことができました。また、司会に挑戦したり、感想では挙手をして一番に発表したりすることも行いました。初めはなかなか自分から挙手をすることができず、消極的になっていました。しかし、“次は必ず司会に挑戦・一番に感想を発表する!”と前日に日報に書くことで、それを必ず実行しよう!という気持ちになることができ、ポジティブに考えられるようになりました。


日報フィードバック
そして、尚子さんが毎日フィードバックをしてくださった日報を見るのがすごく楽しみでした。日報のフィードバックでは、同期のインターン生のFBから学ぶことが多くて、卒業した今でも、現在インターンシップ中の同期のインターン生の日報のFBを見ていて、学ぶこと・気付かされたことはたくさんあります。その中でも「どんな事でも目的・目標を持たないと、行動に移しても何も意味がなくて学ぶことができない」という言葉が1番印象に残っていて、特にインターンシップでこの事を考えながら取り組んできました。


映像制作
私は、スーパー作成やキャプションなど映像編集の仕事をする機会があまり多くなく、どちらかというと手作業の仕事がインターンシップの仕事の中心になりました。自分のやりたい事だけではなくて、面倒くさい・やりたくない事も仕事をする上でたくさんあるということを実感しました。単純な作業を行う仕事が多かったのですが、例えば「今日は『スピード』を意識して仕事に取り組む!」だったり、また別の日は「『質』を求めて心を込めて仕事を行う!」だとか、何かしら目標や目的を持ちながら「仕事と作業の違い」を常に毎日意識し、仕事をすることが大変身に付くことができました。また、普段の生活のなかで「疑問」を持つことが大事だということを学びました。「疑問」を持つ事で、より物事に対して深く考えられるようになり、これまで私は物事に対して深く考えることが苦手でしたが、「この仕事にはどんな意味があるのかな?」と考え、その意味を知ることによって、「では、この仕事ではこんな目的や目標を持って仕事をしよう」と意識しながら仕事に取り組むことができました。そのような学んだことが全て繋がっていることに気付いたときは、自分の成長をとても感じることができた瞬間でした。そのような仕事に一生懸命に取り組んでいると、カウテレビジョンのクレドに定義されてある、「仕事とは『期待値を超えること』」という言葉の意味をより深く感じることができ、これからこの言葉をモットーにして社会に出たときに仕事をしていきたいと感じました。

また、細かい事が得意で単純な作業が苦にならないといった性格が任せてもらえた仕事で活かされることが多々ありました。インターンシップの場での自分は「仕事をさせてもらえる」立場ですが、DVD盤面でのスタンプ押しや、他の人があまり好きではないような仕事で、カウテレビジョンのクルーの皆さんに貢献することができたので、実際に「非常に助かった」と声をかけてくれた時は、とても自分の仕事が認めてもらえた気持ちになりとても嬉しかったです。

【最後に】
私は、今期のインターン生第1号としてやってきて正直不安もありましたが、クルーの皆さんがとても優しく話しかけてくれて、仕事の合間でも私のことを気にかけてくださり、とても良い環境ですぐ慣れることができました。私は今回、カウテレビジョンのインターンシップを経験することができて、学んだことや気付かされたことがたくさんあり、なにより自分がどういう人間・性格なのか、ということを改めて発見、再確認することができた事と、「今成長しているな」と感じることができた事に自分の成長を感じたインターンシップでした。3つのお土産である①社会人としての立ち振る舞い②スキル③縦との繋がりと横の繋がりを私は持って帰って、そして何より同期のインターンシップとクルーの皆さんの出会いを忘れずに、これからの就職活動や日常生活に生かしていきます。
15日間、本当にありがとうございました。お世話になりました。
また、これからもよろしくお願いします!






COW-TVインターンシップ修了生たちの感想はコチラから

COW-TVインターンシップへの登録はコチラから


学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て!
「九州で就活するならまずコレ見るTV」
cowtv_510_63.jpg



カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2015年06月 >>

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

 

 

最近投稿された記事