FC2ブログ

インターンの感想(RHさん/福岡女学院大学3年)

投稿日時:2016/07/13

◇2016年春季
福岡女学院大学3年 RHさん
※他のインターン生の感想はコチラ


 就職活動が始まる。という焦りの中、なにかせねばと思い参加したインターンシップ。その中でカウテレビジョンに出会えた事はとてもラッキーでした。この14日間で学んだ事は就職活動だけでなく、これからの人生で大事にしていこうと思えることばかりでした。

前向きな姿勢で取り組むという事
インターンシップ初日、社長の講演DVDを見た時からカウでインターンを過ごしていく中で、最も衝撃的で、私に刺激を与えてくれた考え方です。目標設定も「~していこうと思います。」ではなく、「~します。」と断言して取り組む。「とりあえず」ではなく「本気で」に言い換える。言葉にすることで意識・行動が変わっていく。などの事が、前向きな姿勢、ポジティブな発言をするという思考回路がなかった私には、衝撃的でした。また14日間悩まされた課題でもあります。日報に毎日「全力でやります」と書いたり、日々意識して行動していきました。すると先日、友人から「あなたの口からそんな前向きな言葉が聞けるなんて」と言われました。今までどれだけ、前向きな発言をしてなかったのか・・・。でも、今は自信を持って成長したと言えます。そしてこれからも意識付けをして成長すべき課題でもあると思っています。

解釈は無限大
2016年春季インターンシップ同期の皆でプロジェクト進めていく中、毎日の皆の日報をフェードバックするとき、モチアップに参加したとき、カウクルーの方々や社長とお話させていただいたとき。常々感じたのはクレドにも書いてある「解釈は無限大」ということです。いろんな考え方、自分にはなかった物の見方・表現、逆に相手にはない私なりの考え方があるのだなと沢山の場面で感じました。凄く勉強になりました。新しい発見も多くありました。その中で同じように感じたのは「いかに相手の心に寄り添うことが大切か」という事です。相手の心に寄り添う姿勢はカウクルーの方々の普段の会話や営業や撮影に同行させていただいたときに学ばせてもらいました。今回、プロジェクト型インターンということでプロジェクトを進めていくという経験をさせてもらえたことはとても大きかったです。身をもって相手の心に寄り添うことの大切さ実感できました。

私がインターン先をカウに選び、人生観が変わったたくさんの学びを得られたということは、フィードバックを担当してくださった宮ちゃんさんと同じように、社長の話を引用させて頂くと、天文学的な確率の上で成り立っています。カウクルーの方々、インターン中に出会った社会人の方々、インターン同期の皆とご縁と出会えたご縁に感謝です!


カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(HNさん/福岡大学3年)

投稿日時:2016/07/13

◇2016年春季
福岡大学3年 HNさん
※他のインターン生の感想はコチラ



2016年春季インターンシップ。私がこのカウテレビジョンで頂いた、「3つのお土産」。
これとは別に、カウに出会ったお陰でたくさんの学び、気づき、きっかけを頂きました。
短くまとめてですが、できるだけ多くの人に伝わればいいなと思います。

「アンテナが立つ」だけで、日頃なんとなく眺めていた景色が違って見える。
私はどちらかというとインドア派。外に出るのも億劫で、休みの日は家で好きな映画を見ながらゴロゴロするのが好きでした。せっかくの友人の誘いも断るほどのインドアぶりでした。カウに来て、「どこに学びのチャンスが転がっているかわからない」「もっと学びたい、成長したい」とマインドが変わり、たくさんの偶然の出会いがありました。私を取り巻く環境も少しずつ変わり、学びのチャンスが少しずつ増えてきました。学びたい、こうなりたいというハングリーな心、マインドの変化がきっとそうさせたのだと、今なら理解できます。

「キレイゴト」の意味
14日間のインターンシップ。私の心に一番深く刺さり、心に留めておきたいと思った言葉があります。社長の「綺麗事を大きな声で言い続けられるように」とおっしゃったのが忘れられません。私が今まで漠然と感じてきた事を、自己啓発やコーチングの観点から言葉でわかりやすく解説していただけました。これによって、今まで少しうつむきがちだった自分のマインドが変わり、自分を相手を認め、「持ってないものよりも今自分にできる事に目を向ける」ことが少しずつできるようになりました。カウで得た私の目標は、「キレイゴトを胸を張って語れるオトナになること」です。

「クレド」の素晴らしさ
毎朝朝礼で唱和するクレド。ここにカウの教えのすべてが詰まっていると感じます。削っていいパートは一つもありません。会社としての理念ではありますが、私たちが日常生きていて大切にしたいこと、心に留めていればとても豊かに人生が切り開かれるような言葉たちや心構えがそこにはありました。今後もクレドを意識づけながら人間力を高められるよう、人の良いところ探しが得意な人間になりたいと心から思うようになりました。

14日間のインターンシップで学んだことはたくさんあります。学んだことよりも、「もっと学びたい」と思ったことのほうがたくさんありました。今後もたくさんの学びと気づきを大切に歩みを止めずに邁進していきます。14日間有難う御座いました。


カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(EKさん/福岡県立大学2年)

投稿日時:2016/07/13

◇2016年春季
福岡県立大学2年 EKさん
※他のインターン生の感想はコチラ


 私がカウと出会ったのは、大学で行われていた春季インターンシップの募集を通してでした。当初は、大学からも遠く期間も長いので、参加するかぎりぎりまで悩んでいました。しかしもともと私の興味のあったメディア業界は、インターンの募集をしているところが少なかったので、せっかく自分の興味のある業界でインターンシップができるのだからと一歩踏み出し応募することにしました。今となっては、今回のインターンシップに参加してほんとによかったなと思っています。
 カウでは、自分がまるでスポンジになったかのようにたくさんのことを学べました。自分が吸収した中でも、大きく3つのことについてまとめたいと思います。

1つ目は「アウトプットの大切さ」です。私は今まで、講演を聞いたり自分の知らない新しい知識を知ることはわりと好きでした。けれど、たくさんお話を聞いてもいまいち普段の生活に活かせていなかったり、気付けば忘れていたりしました。けれどカウでは、日報だったりクルーの方や社長から感想を求められたり、吸収したことをアウトプットするタイミングが幾度とありました。このような自分の言葉で表現する機会があることで、より学びが深まったり、自分の理解の浅いところや疑問点に気付けるのだと思います。また、私はアウトプットすることを通して、自分はアウトプットが苦手なんだと気付けました。語彙力や文章力が不十分なだけでなく、自分の頭の中を人に説明することがこんなにも難しいのだとインターンプロジェクトの中で感じました。アウトプットする経験の少なさだと思います。どうしたら伝わるのか考え、同じ内容を他の言葉で表現できないか試行錯誤しました。自分の中にインプットしたものを、外に向けてアウトプットするまでがひとかたまりなんだと気付けました。

 2つ目は「目標設定とその取り組み方」です。「目標は期日と規模」、「迷子の四原則」という言葉が特に印象に残りました。私は目標を立てても、いつまでにどのくらい進めるというような細かなとこまで決めずに取り組んでいたので、実際に行動に移せなかったり結局目標を達成できなかったりすることが多くありました。しかし、何のために・何を・いつまでに・どのくらいやるのかが決まっていれば、取り組みやすいだけでなく、後で振り返りもしやすいということを学びました。最初に記入した目標達成シートも、インターンのある日の朝に振り返りをしてみると、具体的な数値が入っている目標のほうが振り返りがしやすかったり、抽象的な表現の目標は自分の行動を思いだいしにくいなどの気付きがありました。

 3つ目は「自分のできたところを認める」ということです。私は自己否定感が強く、自分の嫌なところばかりが目について、すぐ他人と比べてはあれもできていない、これもできていないと自分を責めがちでした。しかしカウでのインターンを通して、できなかったことにもたくさん気づいてしまいますが、これはできた、ここまではできたと少しは自分を認めてあげれるようにもなりました。できていないことばかり気にしてしまうと、暗い気持ちになるだけで、あまり前進することができません。しかし自分のできたところを認めてあげると、今度はどのようにすればできるようになるのか考えるようになります。そのことに気付けたのも、今回のインターンに参加してからでした。まささんに教えていただいた「苦しみに苦しむことが人間の苦しみ」というお坊さんのお話を胸に、自分のできたところもちゃんとみとめてあげたいです。

 最終日の日報フィードバックにまささんが「環境の力」について書いてくださいました。カウテレビジョンという会社で私は、前へ上へ向かっていっているようなエネルギーを感じました。その中で得られた成長を普段の大学生活に戻っても維持していきます。また万が一怠けてしまっても、周りや環境のせいにすることなく、自分の成長を忘れないようにします。
14日間本当にお世話になりました。ありがとうございました。


カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(HKさん/福岡女子大学2年)

投稿日時:2016/07/13

◇2016年春季
福岡女子大学2年 HKさん
※他のインターン生の感想はコチラ


初めてインターンシップに参加して、びっくりするようなことがたくさんあり、とても充実した14日間でした。人と関わることは好きだけど、人と話すのはあまりうまくないので苦手だと思っていました。カウテレビジョンで学んだ聞き上手の極意を上手に使っていきます。

① 社長塾
社長に一番多く情報が集まるからその情報をクルーのみなさんと共有してクルーの方の知識や見識を高めるために行われていました。普段の生活ではなかなか見たり聞いたりすることのないようなお話を聞けてすごく面白かったです。ベトナムについてのお話で、これまでベトナムはまだまだ発展途上国のイメージで、農業などが盛んなところだと思っていました。しかし、社長の話では全く違っていて、ネット上で調べたりして身につける知識と実際に感じて得た知識とでは情報の鮮度だったりシズル感というのも違うことを感じられました。
こういう風に日ごろから学ぶ機会があるクルーのみなさんの感想だったりコメントはやっぱり見る視点だとか、気になるところも違うんだなと感じました。これが知識・見識を高めるっていうことなのかなと思いました。

② インターンPJ
今回のインターンシップの大半を占めたであろうインターンPJは、前例が何もないところから始めるということで、まず何をすべきなのか、何を目標にするのか等、立ち上げが一番大変だったと感じました。最初に就職難と採用難というテーマをもらって、これをどうしていくのか、話を聞いてなるほどと思ったはずなのに実際に取り掛かってみると、なんかしっくりこないような感じがしていました。そこでアドバイスをもらって、迷子の4原則のことを教えてもらいました。この4原則は、今回のインターンを通してたぶん一番多く出てきたキーワードだったと思いますが、実際にインターンPJでも、もらったお仕事をやるにあたっても、これを意識しないと何事も中途半端になってしまうというのを身をもって体験することが出来ました。私が週に2,3日ずつ参加する形だったので、次に来た時にはPJの大筋ができていました。全体を通してこのPJに参加できたのでPJが完成する様子がとても楽しかったです。

③ 日報
日報では、毎回、何をどう書けば後で見て思い返せるのかを考えながら書いたので、この日報を書くために一日の過ごし方も何かをより吸収しようと意識することが出来ました。優里さんのフィードバックもいつも細かい一言まで見てくださってコメントをもらえたので楽しみにしていました。優里さんは日報のフィードバックだけでなく、帰り際にいろんなお話を聞かせていただいたので、就職に対する不安だったりオザケンのアドバイスだったりとすごく参考になりました。

大学に入って、夏休みや春休みは、友達との予定かアルバイトだけで終わってしまっていました。今回インターンに参加して、毎日何かを吸収しようと意識する生活が初めてでした。普段ぼーっと過ごしがちな日常生活でも、例えば朝礼での感謝で何を伝えるかとか、日報には何を書こうかとか、常にアンテナを張った状態で過ごすのは少し大変だったけどそれ以上に自分が成長していける喜びが大きく、ありきたりな言葉にはなりますが、充実した時間を過ごせたと実感しています。インターンが終わった今、このアンテナを張った状態を維持して、この一年を過ごして就活を迎えられるよう頑張ります。14日間ありがとうございました。


カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)

インターンの感想(SSさん/福岡大学2年)

投稿日時:2016/07/13

◇2016年春季
福岡大学2年 SSさん
※他のインターン生の感想はコチラ


 カウテレビジョンでのインターンシップは、私にたくさんの刺激を与えてくれました。本当に気付きと学びの14日間だったと思います。ここでは特に印象深かった3つのことについて書きたいと思います。

【朝礼】

 カウテレビジョンでは朝礼の時間をしっかりと設けており、クレド(会社の信条)の唱和、今日の感謝、気合い入れを行います。その中で今日の感謝ということで、一人ずつ感謝の気持ちをスピーチします。この今日の感謝で習得したことが2つあります。1つ目は、人前で話せるようになったことです。クルーの方は、話している人の方に体ごと向け、頷いたり相槌を打ちながら話を聴いて、話しやすい優しい雰囲気を作ってくれます。そのおかげで、最初は下を向いて話していた私も、しっかりと顔を見て話すことができるほど進化しました。これから先、「私は人前でも話せるんだ」という自信をつけさせてくれた朝礼、クルーの皆さんに感謝です。
 2つ目は、「ありがとう」の大切さです。「すみません」を「ありがとう」に変えるだけでお互いが良い気持ちになりwin-winの関係になる、と知ったことが今回のインターンシップでの一番大きな気付きだったと思います。

【モチアップ】

 モチアップとは、毎回数人の社会人の方と交流できる早朝勉強会のことです。ここでは解釈は無限ということを実感しました。1つの同じ映像について11人の社会人の方のお話を聴いたのですが、それぞれ感じるものが違い、本当に様々な意見を聴くことができました。そこで学んだことが部分師匠です。ただ一人を尊敬するのではなく、ここはこの人を見習いたいと思うことで他の部分に嫌なところがあっても、その部分は一番だからと目指し続けるということです。今後の生活においても意識し、たくさんの部分師匠を見つけていきたいと思います。また、解釈は無限だからこそ、それを否定するのではなく、新しい見方だと肯定的な考え方に変えていくことをしていきたい、そう思える機会でした。

【日報フィードバック】

 この14日間のなによりの感謝は、この日報フィードバックです。実は上に書いてある「ありがとう」の大切さや部分師匠の話は全部フィードバックで教わったことです。その日の気付きや感想をつらつら書くと、それを上手く整理して教えてくれて、さらなるアドバイスをしてくれました。それも担当であるさおりんさん自身が実感したことを教えてくれて嘘がないため、より頭の中に染み込んでいきました。毎日くれるフィードバックは優しくて温かくて、真摯に向き合ってくれるため、14日間の楽しみであり、励みでありました。

 14日間という日数はあっという間でしたが、1日1日が本当に濃い14日間でした。この期間で人との接し方、時間配分の仕方、何を仕事選びで重視するかなど多くの考えが自分の中で変わりました。また、自分がどうありたいか、何を目標とするかなど自分自身と向き合うきっかけにもなりました。この学んだことをこれからの生活で実践したり、周りの人にアウトプットすることが私のカウテレビジョンへの恩返しだと思います。最後に、温かく接してくれたクルーの方、アシスタントの方、そして一緒に協力してきたインターン同期の方、とても貴重で濃いインターンシップをさせていただいたことに感謝します。本当にありがとうございました。


カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2016年07月 >>

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

 

最近投稿された記事