FC2ブログ

インターンの感想(EKさん/福岡県立大学2年)

投稿日時:2016/07/13

◇2016年春季
福岡県立大学2年 EKさん
※他のインターン生の感想はコチラ


 私がカウと出会ったのは、大学で行われていた春季インターンシップの募集を通してでした。当初は、大学からも遠く期間も長いので、参加するかぎりぎりまで悩んでいました。しかしもともと私の興味のあったメディア業界は、インターンの募集をしているところが少なかったので、せっかく自分の興味のある業界でインターンシップができるのだからと一歩踏み出し応募することにしました。今となっては、今回のインターンシップに参加してほんとによかったなと思っています。
 カウでは、自分がまるでスポンジになったかのようにたくさんのことを学べました。自分が吸収した中でも、大きく3つのことについてまとめたいと思います。

1つ目は「アウトプットの大切さ」です。私は今まで、講演を聞いたり自分の知らない新しい知識を知ることはわりと好きでした。けれど、たくさんお話を聞いてもいまいち普段の生活に活かせていなかったり、気付けば忘れていたりしました。けれどカウでは、日報だったりクルーの方や社長から感想を求められたり、吸収したことをアウトプットするタイミングが幾度とありました。このような自分の言葉で表現する機会があることで、より学びが深まったり、自分の理解の浅いところや疑問点に気付けるのだと思います。また、私はアウトプットすることを通して、自分はアウトプットが苦手なんだと気付けました。語彙力や文章力が不十分なだけでなく、自分の頭の中を人に説明することがこんなにも難しいのだとインターンプロジェクトの中で感じました。アウトプットする経験の少なさだと思います。どうしたら伝わるのか考え、同じ内容を他の言葉で表現できないか試行錯誤しました。自分の中にインプットしたものを、外に向けてアウトプットするまでがひとかたまりなんだと気付けました。

 2つ目は「目標設定とその取り組み方」です。「目標は期日と規模」、「迷子の四原則」という言葉が特に印象に残りました。私は目標を立てても、いつまでにどのくらい進めるというような細かなとこまで決めずに取り組んでいたので、実際に行動に移せなかったり結局目標を達成できなかったりすることが多くありました。しかし、何のために・何を・いつまでに・どのくらいやるのかが決まっていれば、取り組みやすいだけでなく、後で振り返りもしやすいということを学びました。最初に記入した目標達成シートも、インターンのある日の朝に振り返りをしてみると、具体的な数値が入っている目標のほうが振り返りがしやすかったり、抽象的な表現の目標は自分の行動を思いだいしにくいなどの気付きがありました。

 3つ目は「自分のできたところを認める」ということです。私は自己否定感が強く、自分の嫌なところばかりが目について、すぐ他人と比べてはあれもできていない、これもできていないと自分を責めがちでした。しかしカウでのインターンを通して、できなかったことにもたくさん気づいてしまいますが、これはできた、ここまではできたと少しは自分を認めてあげれるようにもなりました。できていないことばかり気にしてしまうと、暗い気持ちになるだけで、あまり前進することができません。しかし自分のできたところを認めてあげると、今度はどのようにすればできるようになるのか考えるようになります。そのことに気付けたのも、今回のインターンに参加してからでした。まささんに教えていただいた「苦しみに苦しむことが人間の苦しみ」というお坊さんのお話を胸に、自分のできたところもちゃんとみとめてあげたいです。

 最終日の日報フィードバックにまささんが「環境の力」について書いてくださいました。カウテレビジョンという会社で私は、前へ上へ向かっていっているようなエネルギーを感じました。その中で得られた成長を普段の大学生活に戻っても維持していきます。また万が一怠けてしまっても、周りや環境のせいにすることなく、自分の成長を忘れないようにします。
14日間本当にお世話になりました。ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト





カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2020年07月 >>

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

 

最近投稿された記事