FC2ブログ

福岡大学人文学部 水越理恵

投稿日時:2009/09/05
20090905rie.jpg
◇2009年7月度
 福岡大学 水越理恵

※他のインターン生の感想はコチラ

がむしゃらな就活生だった
約1ヶ月前、新入生のような気持ちでカウTVオフィスを伺った自分は、ただがむしゃらな就活生だった。それなりに学生生活、アルバイト経験を通して、社会に通用する常識は身につけているつもりだったが、なかなか第一志望には届かない。すがる思いをむき出しにしてカウTVインターン制度に応募した。

オフィスの空気感
迎えてくれたクルーは皆温かく穏やかなのに、仕事に取り掛かると雰囲気は一変!ほどよい緊張感に包まれたオフィスはまさに職場であり、「この空気感、知らない」と感じた。私は自分の欠点にようやく気が付いた。社会に通用する常識を身につけているなんて、社会に出たことのない人間がどうして認識できたのか...。私はまだまだ学び足りないことを心身に感じた。

報・連・相

カウTVは、社会人クルー6人で成り立つ小さな会社だ。だからこそ一人ひとりにかかる責任の重圧はとても大きく重い。それと同じものをインターン生は体験できるのだ。インターン生に仕事を任せることなど、隅々まで目の行き届かない大きな会社では到底できない。仕事を任されることの喜びと同時に、ミスしないための責任感や「報・連・相」の極意、コミュニケーションの知識を学んだ。

100人街頭インタビュー
CIMG9778.JPGやはり最も印象深い体験は"100人街頭インタビュー"である。番組の素材制作に携われるなんて、なかなか出来る経験ではない。達成リミットまでの見通しや面白い回答を得るためのコツを考え実行すること、人に感謝することや打たれ強さがみるみる成長していく自分をしっかり意識でき、この16日間は本当にあっという間だった。

15日間で得た変化
インターンシップを終え、1ヵ月前と今の自分とでは大きな変化を感じる。
一番大きな変化は、将来の展望の視野を現実的に広げられたことだ。それまでの自分は、今年度中に内定をもらい、来年の4月から夢を実現させることで頭がいっぱいだった。今持っている実力と夢の実現とをしっかり計らないまま、ただがむしゃらに就職活動をしていた。しかし今では、実現のために「見通し」を立てる必要性と重要性を知っている。このおかげで、これからの長い人生を充実させるビジョンを描くことができた。
 感謝を繰り返し言葉にするのも大切だが、インターンシップで学んだことを実際に活かして何かを達成した時、初めて恩返しできると思う。恩返しの報告ができるよう、今回カウTVで経験させて頂いたことを基盤とし、何に対しても胸張って意識を高く持ち続けたいと思う。


 

インターンシップへの登録はコチラ
他のインターンシップ生の感想はコチラ

学生の皆さん。就職活動を始めたらまずコレを見て! 「九州で就活するならまずコレ見るTV」 cowtv_510_63.jpg
関連記事
スポンサーサイト





カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

採用・インターンシップ トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2020年11月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

 

最近投稿された記事