fc2ブログ

バスケから学ぶ撮影

投稿日時:2009/09/08

こんばんは、本日出張ロケから帰ってまいりました、元吉です!山口県は柳井市というところに行ってきました!「後日、本人から感想をブログで」ということで酒盛からバトンを(知らないうちに)受けたわけですが・・・、僕にとっての今回のロケ、いわゆるこういうことでした。(恐怖多めの配分です)

ロケを振り返ってみて
僕が小学生だった時を思い出しました。バスケット部に所属していた僕は、右も左もわからないままに練習に参加し、試合に出場していた時がありました。バスケットに限らず、スポーツは常にその場がすごいスピードで移り変わります。スピードだけではありません。ボールの位置、自分以外の4人の味方の位置、ディフェンスの位置、それらを瞬時に判断して「今自分がどう動くのが最高のパフォーマンスなのか」これを常に意識していないと、とてもついてはいけません。

「撮影でも全く同じことが言えるんだ」そう思いました。撮影される人の位置、インタビューアーの位置、映りこむ背景はどうなのか、日光はまぶしすぎないか、または暗すぎではないだろうか。そんな風に自分以外のところに神経を張り巡らせる感覚は、小学生の時の感覚にとても似ていると感じました。

その場その場で最高の動きができるように、明日からまたカメラトレーニング頑張ります!

元吉読書録
今日はロケの反省を踏まえて、こんな文を・・・
「反省は、後悔することとは、違います。 自分のしたことを振り返り、確かめることです。 自分が悪いことをしたと思うなら、いったい何がいけなかったのか、どうすればよかったのか考えます。 ああすればよかった、ここをこうするべきだったと自分なりに答えを出したら、 次の機会にはそうしよう、と、 教訓を胸に叩き込み、それ以上は思い悩む必要はありません。 恨みや悔いなど、マイナス要素はすべて、捨ててしまうことです。 反省の"省"は、『省く』という文字。 本当の反省とは、振り返って確認して、必要のないものを心の中から捨て去るという ポジティブな行為なのです。 良いことにせよ、悪いことにせよ、昔のことをいつまでも抱え込んでいては、 先に進めません。経験値だけを胸に残して、それ以外のことはすっきり忘れてしまうことです。 反省は、そのためにこそ、必要なこと、心の大掃除だと思えばいいのです。」美輪明宏、乙女の教室、集英社

関連記事
スポンサーサイト





カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

クルーの日常 トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2024年02月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

 

 

最近投稿された記事


 

アーカイブ