BtoBビジネスでもっと会社の魅力を伝えたい!

投稿日時:2012/12/10
こんにちは。カウテレビの自覚です。

BtoBビジネスにおいて、会社の魅力を広く社会に伝えるのは大変なこと。
・価格競争に巻き込まれない付加価値を提供したい
・単なる取引業者としてではなくパートナーとして付き合いたい

今回は“BtoBビジネスにおいて、会社の魅力を伝える動画事例”を
実際の企業担当者の声と、制作担当者の制作ポイントを踏まえてお伝えします。

図1
Javascriptを有効にして下さい。
▲クリックすると動画が流れます。

福岡に本社を置くイフジ産業株式会社。
独立系の「液卵」メーカーとして日本一のシェアを誇る上場企業です。

「液卵」とは液状の加工卵のことで、パン、たこ焼き、かまぼこ、茶碗蒸し、ケーキといった、
普段私たちが口にする様々な食品に使用されていますが、
消費者である私たちの目に触れることはほとんどありません。

日本人の食にとって欠かせない存在“卵”。
その裏舞台であるBtoBビジネスの現場で活躍するスタッフの姿や、
会社の姿勢・大切にしている想い、取引先から信頼される様子を取材し、
動画化して、広く社会に共感される為にはどうすればよいか?
私たちカウテレビジョンでは密着取材を通じて、そのお手伝いをしました。


■動画の感想■
イフジ産業さんでは、取材された動画を、IR・PR強化の一環として活用されています。
IR担当である専務に、実際に動画を使った感想を伺ったところ、
当初想定していなかった“思わぬ効果”があったといいます。
Javascriptを有効にして下さい。
▲クリックすると動画が流れます。




■現場で取材を担当したスタッフより■ ココがポイント
最新の設備が整っている大阪の工場に潜入しました。事前に「とてつもないスピードで卵を割る機械がある」と言う情報を入手していた為、スパースローカメラを持ち込み、卵が一つ一つ正確に割られている様子をリアルに表現しました。BtoBビジネスに限らず、会社の魅力や優れたスペック情報を、会社の方自身が説明してしまうと“手前味噌”になり、リアルさが表現できません。結果的に視聴者に対して“魅力が伝わらない=むしろ逆効果”な情報発信となってしまうので、客観的に会社の魅力を表現するために、クライアントさんや取引業者の方々にコメントを依頼しました。また、スタッフさんの働き甲斐をインタビューする際に、カメラがいざ回ると皆さん緊張されてしまうので、自然な雰囲気で収録が出来るように、笑顔は欠かしません。それでも、ファインダー越しには、ぽろっと本音が出る瞬間の表情の変化を逃さないよう、神経を研ぎ澄ましています。



取材協力:
イフジ産業株式会社のホームページ
株式会社霧島エッグ
五洋食品産業株式会社
パティスリービヨンド
ビアードパパの作りたて工房

企画構成 高橋康徳
取材調整 自覚拓道
撮影編集 田中俊輔、元吉賢司
音響MA 小川雅裕

cowtv_510_63.jpg ▲動画に関するお問合せはコチラより(企画担当:自覚拓道)
関連記事
スポンサーサイト


カウテレビはリアリティーを重視し、社会に点在する伝わりきれていない価値を発見し “動画”という手法でどんどん世界に発信していきます。 cowtv_510_63.jpg http://www.douga-4-3000.com/

ニュースリリース トラックバック(0)
クルーの写真ブログ
 

 

カレンダー

<< 2018年07月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

 

最近投稿された記事